国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『縄文時代にタトゥーはあったのか』発売記念 スペシャル座談会〈6/11(木)〉

2020/05/29 イベント

※このイベントはライブ配信での視聴となります。


身体改造の最前線を追い続けるケロッピー前田が、タトゥーアーティストの大島托と
ともに取り組んできた、縄文時代のタトゥー復興プロジェクト「縄文族 JOMON TRIBE」。
このたび、その活動の集大成といえる著書『縄文時代にタトゥーはあったのか』が出版
となった!
「縄文時代のタトゥーとはいかなるものか?」1969年には考古学者・高山純『縄文人の
入墨』が出版され、『魏志倭人伝』(3世紀)には「鯨面文身(顔面や全身のタトゥー)」と
いう記述があった。僕らは、縄文土器の文様はタトゥーとして人間の身体に彫られていた
と考え、現代的なタトゥー作品として発表してきた。
本書では、北海道の縄文遺跡リサーチ、岡本太郎の縄文探求、パリのケ・ブランリ美術館
でのタトゥー展、フィリピンの首狩族カリンガのタトゥー復興運動、タトゥー類学者ラース・
クルタク、さらに5300年前のタトゥーをしたミイラ「アイスマン」やロシアのパジリクのタトゥー
ミイラなどを現地取材。昨年行われた沖縄のハジチ展についても報告している。
「縄文タトゥー」は、日本から世界に発信する新しいカウンターカルチャーである。
トーク形式でその全貌を総覧する。このチャンスを見逃すな!(阿佐ヶ谷ロフトHPより)

『縄文時代にタトゥーはあったのか』発売記念 スペシャル座談会
【登壇者】
ケロッピー前田(身体改造ジャーナリスト)
大島托(タトゥーアーティスト)
望月昭秀(縄文ZINE)
川崎美穂(元TATTOO BURST編集長)
辻陽介(HagaZine)

◆日時:6月11日(木) 19:00~22:00
◆会場:阿佐ヶ谷ロフトA https://loft-prj.zaiko.io/
    ※このイベントはライブ配信となります。
◆配信チケット料金:2000円
          チケット購入はこちらから
          
イベント詳細ページ
https://www.loft-prj.co.jp/schedule/broadcast/146685


9784336066541.jpg『縄文時代にタトゥーはあったのか』

ケロッピー前田/大島托 縄文タトゥー作品
定価 2,640円(本体価格2,400円)
土器や土偶にえがかれた線、円、点、螺旋といった
我々を魅了する幾何学的な文様。これがもしも太古
の人体にきざまれていたとしたら――。太古に失わ
れたタトゥー文化から現代を照射する壮大な試み。 

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2020年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月