国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『女であるだけで』がふぇみん5/25付で紹介されました。

2020/05/26 パブリシティ

ふぇみん5/25付で『女であるだけで』が紹介されました。

「メキシコ・ユカタン地域の先住民マヤの気鋭の作家である著者は、自らの社会の闇を告発する文学
 作品により、差別にまみれ、男性中心の社会の変革を試みる」
「オノリーナは人生に消極的な人間ではなかった。だが、なぜ、貧しく文字も使えず、暴力をふるわれ
  るままに生きてきたのか」
「でも、オノリーナは前に進む。光明が差すことが救いだ」


9784336065650.jpg『女であるだけで』
ソル・ケー・モオ/吉田栄人 訳
定価 2,640円(本体価格2,400円)
メキシコのある静かな村で起きた衝撃的な夫殺し事件。その背後
にあったのは、おそろしく理不尽で困難な事実の数々だった......
先住民女性の夫殺しと恩赦を法廷劇的に描いた、《世界文学》志
向の新しい現代ラテンアメリカ文学×フェミニズム小説。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2020年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月