国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『女であるだけで』が各媒体で紹介されました。

2020/05/11 パブリシティ

・しんぶん赤旗 5/3付
 評者は歌人の盛田志保子氏。
 「周囲を大きく巻き込みながら、差別や男性中心主義といったメキシコ社会の構造的な問題が描き
   出される」
 「女三界に家なしというが、どこの国でも同じなんだなと思う。そして、極限の状況でオノリーナに手を
  差し伸べるのはいつも女たちだった」

・日刊ゲンダイDIGITAL 5/2付
 「「オノリーナは女であるという不幸を語る上でのイコンとなった」とあるが、本書も今後のフェミニズム
   文学を語る上での重要なイコンとなった」
   日刊ゲンダイDIGITAL
   https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/272675

・ハーパーズ・バザー 6月号
 評者は翻訳家、小説家の松田青子氏。


9784336065650.jpg『女であるだけで』〈新しいマヤの文学〉
ソル・ケー・モオ/吉田栄人 訳
定価 2,640円(本体価格2,400円)
メキシコの静かな村で起きた衝撃的な夫殺し事件。その背後に浮かび
上がってきたのは、おそろしく理不尽で困難な事実の数々だった......
先住民女性の夫殺しと恩赦を法廷劇的に描いた、《世界文学》志向の
新しい現代ラテンアメリカ文学×フェミニズム小説。



最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2020年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月