国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『女であるだけで』が各媒体で紹介されました。

2020/04/07 パブリシティ

・ダ・ヴィンチ5月号
 評者はコラムニストの山崎まどか氏。
 「虐げられた民族の中でも、最も虐げられた女性の物語に生命力がみなぎっていて、彼女の抵抗の力
    が読んでいるこちらにも宿るような気がする」
 「遠いユカタンから著者ふるった鞭が日本に届いて私に巻き付き、彼女の世界にグイッと引っ張られて
  連れて行かれた。すごい作家である」

・メールマガジン『THE NIKKEI MAGAZINE STYLE Ai』プレミアムクラブ vol.218
 評者は上に同じく山崎まどか氏。
 「『女であるだけで』は辛い話で終わらない。絶望の中で人間性を獲得していくオノリーナの物語は
  生き生きとしていて、吸引力がある。彼女が違う民族や社会階層の女性たちにとって、抵抗の象徴
  となっていく展開は感動的だ」


9784336065650.jpg『女であるだけで』 〈新しいマヤの文学〉
ソル・ケー・モオ/吉田栄人 訳
定価 2,640円(本体価格2,400円)
メキシコのある静かな村で起きた衝撃的な夫殺し事件。その背後に
あったのは、おそろしく理不尽で困難な事実の数々だった......先住
民女性の夫殺しと恩赦を法廷劇的に描いた、《世界文学》志向の新
しい現代ラテンアメリカ文学×フェミニズム小説。


最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2020年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月