国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『台湾語で歌え 日本の歌』が週刊読書人12/13付で紹介されました。

2019/12/13 パブリシティ

週刊読書人12/13付で『台湾語で歌え 日本の歌』が紹介されました。

評者は三重大学人文学部特任講師の劉霊均氏。
「「台湾語」という言語は、現在台湾の公用語「国語」を指すものではなく、かつて台湾で使用者数が
 一番多かった、中国福建省南部を起源とした台湾語である。(中略)現在話者の人口が著しく減っ
 ており、マイナーな言語になり、50年以内に消滅する可能性が高い言語とされている」
「台湾語という言語の活力を、この一冊の中で思う存分味わえると言っても過言ではない」
「読者の理解と原文の風味を維持するために、語彙の一部は日本語に訳し、一部は言語を残して注
 を施さねばならず、そのさじ加減は困難なもので、四人の翻訳者の腐心には脱帽しなければならない」

週刊読書人HP
https://dokushojin.com/article.html?i=6325


9784336064585.jpg『台湾語で歌え 日本の歌』
陳明仁/酒井亨 監訳
定価 3,080円(本体価格2,800円)
"台湾語"文学の本邦初紹介。台湾語文学の旗手、陳明仁は
日本の昭和30年代のような牧歌的な農村風景に少年時代を
描き、時に二二八事件といった政治的モチーフを喜劇的に描く。
小説・詩・戯曲の選集。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月