国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『龍蜂集』『ジャーゲン』が小説推理1月号で紹介されました。

2019/12/06 パブリシティ

小説推理1月号で『龍蜂集』『ジャーゲン』が紹介されました。
評者はいずれもアンソロジストの東雅夫氏。

「当代幻想文学の旗手が、鏡花、澁澤と時を超えたタッグを組むことで、本叢書は新たな生命を
  得た」
「初期作品のセレクトからは、澁澤が改めて岩波書店版『鏡花全集』と向き合った際に、鏡花作品
  のどういう側面を注視したかが、おぼろげに見えてくる(中略)山尾の解説も、その部分の探求
  に力点が置かれていて、しかも現在進行形というのか、巻を追うごとに核心に迫ってゆくような
  構成が目論まれているフシがあって、愉しみである」
(『龍蜂集』)

「過去に紹介されたいかなるファンタジーとも異なる古今独歩のテイストに満ちている」
「その真価については、訳者による次の一文を読むに如くはない。「何でも効率を追究し、無駄な
  ことを冷笑する(中略)今の世の中に辟易している日本の読者こそ、現実主義者のリアリズム讃
  に背を向けてキャベルのロマンスを読むべきではないか。今こそよやく世界がキャベルに追いつ
  いたのだ」」
(『ジャーゲン』)


9784336065452.jpg『龍蜂集』〈澁澤龍彦 泉鏡花セレクション 1〉
泉鏡花/澁澤龍彦 編/山尾悠子 解説/小村雪岱 装丁
定価 9,680円(本体価格8,800円)
澁澤龍彦生前に企画されながらも実現を見ずに終った幻の選
集が、半世紀の歳月を経てついに刊行。我が国最高の幻想作
家・鏡花の膨大な作品から、澁澤ならではの鑑識眼が選び抜
いた約50篇を4巻で構成。


9784336065407.jpg『ジャーゲン』〈マニュエル伝〉
J.B.キャベル/中野善夫 訳
定価 3,960円(本体価格3,600円)
行き掛かりに哀れな悪魔を助けた質屋ジャーゲン。返礼にと
消された口うるさい妻を仕方なく取り戻す旅に出る。奇想天外
な異世界を当代一流の口八丁と権謀術数を武器に快進する、
愛と冒険の喜劇的ロマンス。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月