国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『近現代日本の民間精神療法』が京都新聞11/27付で紹介されました。

2019/12/03 パブリシティ

京都新聞11/27付で『近現代日本の民間精神療法』の編者のひとり
舞鶴高専教授吉永進一氏へのインタビューが掲載されました。

「副題にオカルトと付けましたが、お化けの話ではない」
「療法家の多くは心霊に頼らず、人間の能力を引き出そうとしていた」
「精神療法家がなぜ大正期に次々現れ、人々の心をつかんのだのか。「急速な近代化が進んだ
 明治は合理的で実利的な時代だった。かといって、江戸以前の呪術的なものが消えたわけで
 はなく、底流にずっとあった。(中略)近代化で既存の宗教が力を失う中、精神療法家たちは病
 気での治療から心の問題まで何でも引き受けて求心力を持った」」


9784336063809.jpg『近現代日本の民間精神療法
  不可視な(オカルト)エネルギーの諸相』
栗田英彦・塚田穂高・吉永進一 編
定価 4,400円(本体価格4,000円)
霊術・精神療法は、明治以降に流入したエネルギー概念や心身技法と
伝統的宗教技法が融合して生み出された〈近代化された呪術〉。その
技法と思想の系譜をグローバルな視点からひも解くオカルトヒストリー。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月