国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『終わりなき探求』が各媒体で紹介されました。

2019/12/02 パブリシティ

『終わりなき探求』が各媒体で紹介されました。

・東京新聞12/1付
  評者はアメリカ文学者の千石英世氏。
  「遍歴は実在の地を巡り、歴史的背景もリアルな世界史であるが、物語そのものはファンタジー小説
  のカラーに彩られている。(中略)ラブロマンスには生々しい肉感があり、社交界におけるやりとりに
  はメディア社会への痛烈な皮肉がある」
  「作中、物書きには二種類あるという一節。技巧や描写をこらして、それを使いこなす上手な書き手。
  一方、上手とはいえないが、書かずにはおれない書き手、つまり書く動機が自分自身にある書き手。
  本作はそんな後者の書き手の遺作たる風格がある」

TOKYO Web
https://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2019120102000183.html

・東洋経済ONLINE
  本書の訳者戸田章子氏による解説が掲載されています。
  「遺作となった『終わりなき探求』で、ある編集者が主人公の作家に語る。「(作家は)暮らしのなかに
  あるものだけを書き、日常のありふれた光景や音、におい、感情など、さまざまな人生の状況が物語
  に織り込まれています。作品は生きて呼吸しています。この人は書かずにはおれないのです」。もち
  ろんこれは、バック自身の書き方に相違ない」
  「文名と社会的地位を手に入れたパール・バックをして、知識でははかり知れないものが最後に残った
  ということだろう。それが何かを探求してやまない心を、彼女は最後まで持ち続けていたのである」

東洋経済OMLINE
https://toyokeizai.net/articles/-/316228


9784336063687.jpg『終わりなき探求』
パール・バック/戸田章子 訳
定価 2,970円(本体価格2,700円)
ノーベル賞作家パール・バック未発表の遺作。作品は1973年
に死去する直前に書かれ、長らく行方不明。40年後、終焉の地
バーモンド州から遠く離れたテキサス州の貸金庫で発見される。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月