国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『ウィリアムが来た時』が図書新聞9/21付で紹介されました。

2019/09/18 パブリシティ

図書新聞9/21付で『ウィリアムが来た時』が紹介されました。

評者は作家の高原英理氏。
「19の章が連作風に続き、全体としては、イギリスがドイツ帝国に敗北し占領され属国となったとしたら、という架空の
  ロンドンおよびその周辺の有様を描くものである」
「読んでゆくうち、どうしても現在の日本の政治状況が思われてきてとどまらない」
「当作はさすがはサキ作、1世紀前の、政治的には時代遅れの小説のはずなのに、いちいち痛いところをついてくる」
「訳文は明晰で読みやすく、(中略)解説が懇切で、この小説の背景と粗筋まで書かれていて至れり尽くせりであった」


9784336063564.jpg
『ウィリアムが来た時』
サキ/深町悟 訳
定価 2,592円(本体価格2,400円)
ドイツ帝国に支配された架空のロンドン。華やかな社交界を舞台に、
さまざまな思惑を抱えた人物たちが、したたかな政治劇を繰り広げる......
「短編の名手」サキによる、本邦初訳ディストピア歴史IF群像劇!

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月