国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『教皇庁の使者』が朝日新聞7/13付で紹介されました。

2019/07/16 パブリシティ

朝日新聞7/13付で『教皇庁の使者』が紹介されました。

「装丁の凝った本だが中身も劣らずユニークだ」
「神殿学校、空間や時間の移動を考える青色会(カエルラ)、湖と通じている教会の地下室の池に棲むホムンクルス
(人造人間)、そして教皇はホムンクルスを稚児(カタマイト)として従えている。「ほとんど全てを見た者たち」
 と呼ばれる旅馬車の4人組。(中略)読者が夫々(それぞれ)に想像力を膨らませればいい。それが幻想小説を
 読む醍醐味というものだろう」
 
好書好日
https://book.asahi.com/article/12535776


9784336063571.jpg『教皇庁の使者』
服部独美 著
定価 2,700円(本体価格2,500円)
〈日出の地〉に君臨する皇帝の身代わりとなって男性を失った宝苓。
不思議な操り人形芝居を演じる〈日没の地〉の老人クリス。〈カタマ
イト〉と呼ばれるホムンクルスの謎と、教皇庁から来た使者たちの船
の秘儀......水のような時間の流れとともに、世界のすべてが鳥のと
どまる一瞬の夢と化す≪幻想小説≫。


最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月