国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『内田あぐり──化身、あるいは残丘』が図書新聞7/6付で紹介されました。

2019/07/01 パブリシティ

図書新聞7/6付で『内田あぐり──化身、あるいは残丘』が紹介されました。

評者は日本美術史・刺青研究者の平井倫行氏。
「画家の制作全体を基底する過去と現在という時間、その等身大の人間性の本質に、内田作品
  の未来への展望と変遷の可能性を縒り合わせる、実にスリリングな試み」
「画面を包む鮮翠色の水の印象に溶け込んだ数多の人物デッサンは、有機的な流体のフォルム
  へと併合・誘引され、重層的空間構成のもと織りなされた具象と中小の狭間に化石・結晶化して
  いる」


9784336063601.jpg
『内田あぐり――化身、あるいは残丘』
武蔵野美術大学 美術館・図書館 編 
定価 3,780円(本体価格3,500円)
初期の濃密な具象作品から、空間全体を圧倒する近年の大型作品
に至る日本画、および70 年代から現在に至るドローイングまで、現
代日本画を代表する作家の代表的な画業を集大成した決定版画集。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月