国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『不気味な物語』が怪と幽vol.1で紹介されました。

2019/04/26 パブリシティ

怪と幽vol.1で『不気味な物語』が紹介されました。

評者は荒蝦夷代表の土方正志氏。
「このところ好きモノを熱狂させている〈ポーランドのポー〉」
「魔に魅入られ強迫観念に追い詰められて、こちらからあちらへと足を踏み入れた登場人物たちの
  多くは転落破滅する。それを物語る著者のちょっと意地ワルな目線、垣間見える不穏なユーモア、
  不意打ちの純情が、なんともまた気味ワルく愉しい」


9784336063328.jpg
『不気味な物語』
ステファン・グラビンスキ/芝田文乃 訳 
定価 2,916円(本体価格2,700円)
ポーランド文学史上随一の恐怖小説作家ステファン・グラビンスキ、
死と官能が纏繞する悪夢の狂宴12篇。装画レオナルド・ダ・ヴィンチ
《受胎告知の天使のための左手と腕の研究》/装幀コバヤシタケシ

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月