国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『不気味な物語』が読書人3/29付で紹介されました。

2019/04/01 パブリシティ

読書人3/29付で『不気味な物語』が紹介されました。

評者は作家・翻訳家の谷崎由衣氏。
「懐かしき不穏、とでも呼ぶべきものに、読みながら捕われていた」
「科学技術と幻想の独特の混ざり合い方。前世紀的なものと新奇なものとが、怪異において融合する」
「ほとんど生理的な言葉の数々が、書かれてから百年を経て、遥か東方の異国の言語──泉鏡花の、
  あるいは岡本綺堂の──へと翻訳された」

週刊読書人HP
https://dokushojin.com/article.html?i=5226


9784336063328.jpgのサムネール画像
『不気味な物語』
ステファン・グラビンスキ/芝田文乃 訳 
定価 2,916円(本体価格2,700円)
ポーランド文学史上随一の恐怖小説作家ステファン・グラビンスキ、
死と官能が纏繞する悪夢の狂宴12篇。装画レオナルド・ダ・ヴィンチ
《受胎告知の天使のための左手と腕の研究》/装幀コバヤシタケシ

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月