国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『怪異を読む・書く』が小説推理3月号で紹介されました。

2019/02/22 パブリシティ

小説推理3月号で『怪異を読む・書く』が紹介されました。

評者はアンソロジストの東雅夫氏。
「26名の国文学者による「怪異」をテーマにした論考集」
「怪奇幻想文学読者全般に一読をお勧めしたい必読の論考が連なる重厚な一巻」


9784336063205.jpg
『怪異を読む・書く』
木越治/勝又基 編 
定価 6,264円(本体価格5,800円)
秋成や庭鐘、西鶴、綾足をはじめ、漱石、鏡花、秋聲、そしてポオやボルヘス、
ラヴクラフトなどを題材に、気鋭の近世・近代文学研究者らが、《怪異》がい
かに読まれ書かれてきたかを、画奇的な視点から解き明かす!


最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月