国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『怪異を読む・書く』が朝日新聞12/15付で紹介されました。

2018/12/20 パブリシティ

朝日新聞12/15付で『怪異を読む・書く』が紹介されました。

「泉鏡花が描いた大震災と怪異、日本文学で最も怖いという「吉備津の釜」論など、
  怪異小説や怪異表現について近世・近代文学研究者たちによる論考」
「「画期的」ならぬ「画奇的」な切り口」

朝日新聞「好書好日」
https://book.asahi.com/article/12016495


9784336063205.jpg
『怪異を読む・書く』
木越治/勝又基 編 
定価 6,264円(本体価格5,800円)
秋成や庭鐘、西鶴、綾足をはじめ、漱石、鏡花、秋聲、そして
ポオやボルヘス、ラヴクラフトなどを題材に、気鋭の近世・近
代文学研究者らが、《怪異》がいかに読まれ書かれてきたかを、
画奇的な視点から解き明かす!


最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月