国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『十四番線上のハレルヤ』が読書人8/31付で紹介されました。

2018/08/31 パブリシティ

読書人8/31付で『十四番線上のハレルヤ』が紹介されました。

評者は文芸評論家の田中和生氏。
「静謐な日常を描いていると魅せながら、いつの間にか不穏な領域に踏み込んでいる独特の
 味わいのある作品は、書きぶりがより研ぎ澄まされている」
「幻想と日常が混沌としていく作品のなかで、作者は人間的な真実を手探りしている」
「読みごたえのある、贅沢な作品集」


9784336062758.jpg『十四番線上のハレルヤ』
大濱普美子 著
定価 1,944円(本体価格1,800円)
夢と現が交錯する、奇妙でノスタルジックな幻想譚「ラヅカリカヅラ
の夢」「補陀落葵の間」ほか全6篇を収録。西崎憲・東雅夫推薦!!
装画:椎木かなえ 装幀:コバヤシタケシ 

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月