国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『新しきイヴの受難』が読書人6/1付で紹介されました。

2018/06/01 パブリシティ

読書人6/1付で『新しきイヴの受難』が紹介されました。

評者は国際基督教大学教授の生駒夏美氏。
「40年前の作品とは思えない現代的な問題を提起してくれる」
「男性とは何か、女性とは何か。根本的な問いを読者に突きつける」
「カーターの邦訳が少ない中、良質な日本語で書かれた本書は貴重」


9784336062505.jpg
『新しきイヴの受難』
アンジェラ・カーター/望月節子 訳 
定価 2,592円(本体価格2,400円)
野蛮な力が遍在する世界に繰り広げられるイヴの奇妙奇天烈な
冒険と遍歴を、ブラックユーモアとアイロニーをちりばめて描
いた、英国マジック・リアリズムの旗手による、新たな預言の
書ともいうべき傑作。


最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月