国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『縄文人はなぜ死者を穴に埋めたのか』が図書新聞3/3付で紹介されました。

2018/02/26 パブリシティ

図書新聞3/3付で『縄文人はなぜ死者を穴に埋めたのか』が紹介されました。

評者は立命館グローバルイノベーション研究機構の中村大氏。
「認知科学、心理学、宗教学、人類学、民族学、民俗学など幅広い分野の研究を参照する。
  目指すところは、人間に共通する根源的なものの考え方の発見」
「縄文時代に普遍的な観念と、その具体的な観念と、その具体的表現の多様性およびその
  諸要因を統合して説明できれば、それは縄文時代に対する学際的研究のための開かれた
  方法論にもなるはずだ」


9784336061959.jpg
『縄文人はなぜ死者を穴に埋めたのか
 墓と子宮の考古学』
大島直行 著
定価 2,376円(本体価格2,200円)
あまたの文献を渉猟・博捜して、縄文人の死や生に対する考え方、
墓をつくって死者を葬ろうとした彼らの心、《再生シンボリズム》
とその中核をなす《子宮》の意味に迫る、縄文解釈のドキュメンタリー。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月