国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『寺山修司論』が「日本近代文学」第97集で紹介されました。

2017/11/13 パブリシティ

「日本近代文学」第97集で『寺山修司論』が紹介されました。

評者は日本文学研究者の小菅麻起子氏。
「考察過程において、内外の芸術作品との影響関係が様々言及されるが、アートの現場(劇場・美術館・
  映画館等)長年通いつめた、著者の広い視野に支えられた研究」
「〈寺山修司〉を研究の場に引き揚げんとする書」
「貴重な資料が満載されたデータベース」


9784336061355.jpg
『寺山修司論――バロックの大世界劇場――』
守安敏久 著 
定価 5,832円(本体価格5,400円)
ラジオ、テレビ、映画、演劇――自在にメディアを横断する寺山修司作品のうちに、
誇張・過剰・不規則の「バロック常数」を見出しながら、作品創造の秘儀を解読する
画期的集大成! 著者による寺山へのインタビューも収録。図版多数。 


最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月