国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『北京をつくりなおす』が図書新聞2/20付で紹介されました。

2016/02/19 パブリシティ

図書新聞2/20付で『北京をつくりなおす』が紹介されました。

評者は法政大学客員学術研究員の及川淳子氏。
「豊富な資料と精緻な議論によって巧みに展開される考察は謎解きのようで、
読者の期待を裏切らない。」
「「政治空間」としての天安門広場を、広場本来の「公共空間」として
「つくりなおす」可能性を思索するためにも、本書は示唆に富む知見を提供している。」


9784336059499.jpg『北京をつくりなおす 政治空間としての天安門広場』

ウー・ホン/中野美代子 監修/大谷通順 訳
定価 5,832円(本体価格5,400円)
1989年の事件以来、中国の最も有名な場所となった天安門広場―――
天安門の持つ重大な象徴性とその変遷を、歴史・美術・建築・社会学・
人類学等あらゆる方面から解析しつくした学際的名著。図版約200点。


最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月