国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『童貞王』が図書新聞1/1付で紹介されました。

2015/12/25 パブリシティ

図書新聞1/1付で『童貞王』が紹介されました。

評者は神戸大学非常勤講師の足立和彦氏。
「過去にとっくに翻訳されていてもおかしくはなく、(中略)幻の作品が、ここに本邦初訳となった。」
「人工楽園に閉じこもって芸術に耽溺する孤独な王。そうした人物像をもとに作家の自由な想像
 力で織り上げられた物語」
「この主人公の内には、芸術に生き芸術に死ぬという、芸術家の遥かな夢と理想が託されている
 のだろう。」


9784336059451.jpg『童貞王』
カチュール・マンデス/中島廣子・辻昌子 訳
定価 3,024円(本体価格2,800円)
バイエルンの「狂王」として名高いルートヴィヒ2世と、音楽界の巨匠リヒャルト・
ワーグナー、実在のこの二人をモデルにした長編小説、本邦初訳。俗世間から
隔絶した人工楽園に住む美貌の王フリードリヒ2世と、魔的な天才作曲家ハン
ス・ハンマー――19世紀末を舞台にした、〈耽美主義者と魔術師〉の聖なる物語。 

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月