国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

「ポーランド映画祭 2015」開催決定! 関連ブックフェアも開催

2015/10/27 イベント

「ポーランド映画祭 2015」が今年も開催決定。
「映画は国が誇る大事な文化」と認識され、映画制作の教育に力を注いでいるポーランド。パヴェウ・パヴリコフスキ
監督の『イーダ』がポーランド映画で初めて2015年アカデミー賞外国語映画賞に輝くなど、世界からその力は認めら
れているものの、まだまだ紹介しきれていない映画は盛りだくさん。
本映画祭では、アンジェイ・ワイダやイエジー・スコリモフスキなどを輩出したウッチ映画大学の卒業生の作品や、注
目のポーランド映画を一挙紹介予定です。また、それに関連して都内の書店では「ポーランドBOOKフェア」が開催さ
れます。小社書籍も展開予定です。
是非この機会に、ポーランドの様々な文化にふれてみてはいかが?


「ポーランド映画祭 2015」
◆期間:2015年11月14日(土)~11月20日(金)
◆場所:角川シネマ新宿
     〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目13-3 新宿文化ビル4・5階
     TEL.03-5361-7878    
◆チケット:一般1600円/大学生・高校生1300円/シニア(60歳以上)1100円
       水曜サービスデー1100円(男女とも)
       《前売》1回券1100円/3回券3000円 ※角川シネマ新宿にて販売中

[上映作品]
 「エヴァは眠りたい」監督:タデウシュ・フミェレフスキ/1957年
 「身分証明書」監督:イエジ―・スコリモフスキ/1964年
 「約束の土地」監督:アンジェイ・ワイダ/1974年
 「ヴァバンク」監督:ユリウシュ・マフルスキ/1981年
 「ヨアンナ」監督:アネタ・コパチ/2013年
 「リベリオン ワルシャワ大攻防戦」監督:ヤン・コマサ/2014年
 「地下水道」監督:アンジェイ・ワイダ/1956年
 「灰とダイヤモンド」監督:アンジェイ・ワイダ/1958年
 「サラゴサの写本」監督:ヴォイチェフ・イエジ―・ハス/1965年
 「イーダ」監督:パヴェウ・パヴリコフスキ/2013年  他

詳細は公式HPをご覧ください。

【ポーランド映画祭 公式HP】
 http://www.polandfilmfes.com/


☆関連ブックフェアも開催
「ポーランドBOOKフェア」
文学、演劇、音楽、歴史など、さまざまな分野の関連本を集め
ポーランドの文化や歴史を伝えます。
◆開催書店:紀伊国屋書店 新宿本店
      紀伊国屋書店 新宿南店
      東京堂書店 神田神保町本店
      ブックスユニオン新宿
      ジュンク堂書店 池袋本店
◆期間:10月下旬~12月頃
    ※店舗により異なります。詳細は店舗ごとにお訊ねください。



◎ポーランドといえばやっぱりこの人!
〈スタニスワフ・レム・コレクション〉最新刊
9784336045058.jpg『短篇ベスト10』
 スタニスワフ・レム 著/沼野充義・関口時正・久山宏一・芝田文乃 訳
 定価 2,592円(本体価格2,400円)
 ポーランドで刊行されたベスト短篇集をもとに『ロボット物語』や泰平ヨンものから
 「マスク」他10篇を集成した新訳アンソロジー。
 
 シリーズ既刊↓↓
 http://www.kokusho.co.jp/sp/result.html?ser_id=164

9784336024701.jpg『完全な真空』
 スタニスワフ・レム 著
 沼野充義/工藤幸雄/長谷見一雄 訳
 定価 2,160円(本体価格2,000円)
 誇大妄想的宇宙論からヌーヴォーロマンのパロディ評まで、16冊の架空の書物を
 論じたペダンティックな仕掛けに満ちた書評集。「ポスト・ボルヘス的書物」とカート・
 ヴォネガットの絶讃を浴びた異色の作品集。
 
『虚数』
9784336035936.jpg スタニスワフ・レム 著
 長谷見一雄/沼野充義/西義雄 訳
 定価 2,592円(本体価格2,400円)
 ビット文学の歴史、未来言語による百科事典、細菌の未来学、コンピュータGOLEM
 の講義録など、〈実在しない書物〉の序文を収録。フィクションの新たな可能性を切り
 開いたレムが到達した文学の極北。


◎怪奇小説の知られざる名手
9784336059291.jpg『動きの悪魔』
 ステファン・グラビンスキ 著/芝田文乃 訳
 定価 2,592円(本体価格2,400円)
 「ポーランドのポー」「ポーランドのラヴクラフト」の異名をとる、ポーランド随一の恐怖
 小説作家が描く、幻視と奇想に満ちた鉄道怪談集。鋼鉄の蒸気機関車が有機的生
 命を得て疾駆する、本邦初訳14の短篇小説。

◎亡命ポーランド人作家が描くブラックリアリズムの傑作
9784336035943.jpg『トランス=アトランティック』
 W.ゴンブローヴィッチ 著/西成彦 訳
 定価 2,808円(本体価格2,600円)
 ブエノスアイレスで大戦勃発の報をきいたポーランド人作家が味わう亡国の悲哀と
 グロテスクな体験を戯画的手法で描いた代表作「トランスアトランティック」と、奇怪
 な幻想と黒い笑いをたたえた短篇を収録。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月