国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

兵庫県立美術館にて「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展 開催〈9/19(土)~11/23(月・祝)〉

2015/09/08 イベント

「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展は、日本のマンガやアニメに大きな足跡を残した手塚
治虫が亡くなった1989年以降のマンガ、アニメ、ゲームの表現の多様性を約60作品を通して
概観するものです。

 昭和から平成に変わってからの四半世紀の間に、デジタル技術は大きく進化し、マンガ、ア
ニメ、ゲームの制作スタイルや表現も変わり、インターネットやスマートフォンの普及は作品の
楽しみ方を変えています。また一方で、バブル経済崩壊(1991)、阪神・淡路大震災(1995)、
地下鉄サリン事件(1995)、リーマンショック(2008)、東日本大震災(2011)など、歴史的な大き
な事件を幾つも経験し、社会や世相も大きく変わりました。社会の変化と呼応しているような
作品も少なくはありません。

 本展覧会は「ヒーロー&ヒロイン」「マンガ、アニメ」「ゲーム」「インターネット」「キャラクター」
「プレイ」の7セクションで構成し、1989年以降の特徴的な作品を通して、マンガ、アニメ、ゲー
ムがどのように表現を広げてきたかを紹介します。

 ※本展は今夏に開催された「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展(主催:国立新美術館)
を再構成したものです。


「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展
◆会場:兵庫県立美術館 ギャラリー棟3F
    〒651-0073 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1-1
    TEL:178-262-0901 
◆会期:2015年9月19日(土)~11月23日(月・祝)
◆休館日:月曜日(ただし、9/21、10/12、11/23は開館、9/24(木)、10/13(火)は休館)
◆開館時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
◆観覧料:一般 1,000円 (800円)、大学生 700円 (500円)、高校生・65歳以上 500円 (400円)、
中学生以下無料
※特別券・神戸ビエンナーレ全会場セット券:一般 2,400円(1,700円)

兵庫県立美術館 展覧会詳細ページ
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/2015manga_anime_game/index.html



〈展覧会公式書籍〉
9784336059352.jpg『ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム from 1989』
メディア・アート国際化推進委員会 編
中野晴行/氷川竜介/さやわか 著
定価 2,500円(本体価格2,315円)
手塚治虫が没した1989年から現在までの25年間に焦点をあて、複合的
メディア表現として深化している日本のマンガ、アニメ、ゲームを総合的に
展望し、150作品・300点以上の図版でその魅力をたどる。


最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月