国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『岸辺なき流れ』が新潮8月号で紹介されました。

2014/07/11 パブリシティ

新潮8月号で『岸辺なき流れ』が紹介されました。

評者は訳者の1人でもある安家達也氏。
「この小説は一言でまとめてしまえば、第一部の「木造船」で起きた事件と謎を前提に、
 主人公たちの同性愛の関係が、様々な男女によって危険にさらされるというものである。
 だが、インモラルな面はそれだけではない。こうした過程で語られるさまざまな挿話の
 なかで繰り返し現れる墓や棺や死のイメージには、腐敗や死体保存といった感覚的に嫌
 悪感を催させるような描写がリアルに加えられる。(中略)他にも一見本筋とは関係な
 いように思われる寓話的エピソードの挿入で、神秘的、迷宮的な雰囲気が高められてい
 る。」
「かくしてこの小説の主人公は、時間流れのなかで、絶対に避けることができない消滅に
 対して、男同士の愛(友)情と音楽によって抵抗しようとあがいているのである。」




9784336057686.jpg9784336057693.jpg『岸辺なき流れ 上・下』
ハンス・ヘニー・ヤーン 著
沼崎雅行/松本嘉久/安家達也/黒田晴之 訳
定価 6,264円(本体価格5,800円)
ユリシーズ』『失われた時を求めて』と並び称される
20世紀文学の大金字塔が、半世紀の歳月を掛けて遂に
翻訳なる!ひとりの作曲家を主人公に、人間と宇宙の
謎と深淵、生存と死の深奥の根拠に迫る一大大河小説。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月