国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

大濱普美子氏 絵画展《 Trajets-FRA-PA-IS-TO 》

2014/03/11 トピックス

『たけこのぞう』の著者大濱普美子氏の絵画展が開催されます。
大濱氏は現在ドイツ在住、小説執筆だけでなく絵画やイラストなど、
幅広く活動をされています。
今回は様々な場所の屋内の情景(住居や店の中など)を中心に、
『たけこのぞう』の装丁に使用した絵も展示されます。


《 Trajets-FRA-PA-IS-TO 》
◆会期: 2014年4月1日 ~ 4月12日
◆場所:パリ・天理日仏文化協会
〈アタマン・エディルネはトルコ人で抽象画を描き、大濱普美子は日本人で具象画
 を描いている。両者の社会的文化的な違いが、それぞれ色や形や画風に反映され、
 二人展を興味深いものにしている。〉(案内状より)

*展示会のタイトル<FRA-PA-IS-TO>は, 
 フランクフルト、パリ、イスタンブール、東京から命名。
 二人展で一緒に展示するアタマン・エディルネ氏の出身が
 イスタンブールということから、二人の出身地、現在の
 活動拠点、個展開催地の地名の頭文字を取っている。

[案内状]
Einladungskarte Text.jpg
Einladungskarte Bilder.jpg












〈大濱普美子氏コメント〉
今から約十五年前、フランクフルトの市民大学でデッサンのクラスに通い始めて以来、
言葉に携わるのとは何かと異なる、「絵を描く」作業に嵌まり込んでしまった。
どこか奇矯で浮世離れした「芸術家」という存在にも、様々に妄想が沸いた。
絵のためなら他の全てを犠牲にするのも厭わない、非常識で豪胆で身勝手でわがままで。
そう、ちょうど『たけこのぞう』に登場する画家の松子のような。
自分にはなかなか手の届かない理想像ではあるのだけれど、これからも精進して、
できる限り近づきたいものだと思う。 
                                  大濱普美子

大濱普美子ホームページ





9784336056665.jpg
たけこのぞう
大濱普美子 著
定価 2,310円(本体価格2,200円)

「フラオ・ローゼンバウムの靴」「浴室稀譚」ほか、
夢と現、幻視と写実が交錯する、無気味で不思議な
味わいの幻想譚6篇を収録。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月