国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『ボリバル侯爵』が日経新聞夕刊(12/18付)で紹介されました。

2013/12/20 パブリシティ

12/18付日本経済新聞で、『ボリバル侯爵』が紹介されました。

評者は評論家の野崎六助氏。
「ナポレオン戦争の時代。スペインに進駐したドイツ人青年将校をとらえた
〈戦争の狂気〉。死人が戦局を動かす。不条理で滑稽でミステリアスで予言的。」
と評して下さっています。



9784336057600.jpg
レオ・ペルッツ 著/垂野創一郎 訳
定価 2,730円(本体価格2,600円)
1812年、スペインに侵攻したナポレオン軍に対し、ゲリラに
よる反攻計画が噂されていた。民衆から崇拝を受ける謎の人
物ボリバル侯爵が、叛乱の口火を切る三つの合図をゲリラの
首領に授けたことを察知した占領軍は、これを阻止しようと
するが......。 
『夜毎に石の橋の下で』のペルッツが、緻なプロットと驚異
のストーリーテリングで読者を翻弄、ボルヘスが絶賛した幻
想歴史小説。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月