国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

〈カイロ三部作〉が第48回 2012年度「日本翻訳出版文化賞」受賞!

2012/10/15 トピックス

〈カイロ三部作〉(全3巻 塙治夫訳)が第48回 2012年度「日本翻訳出版文化賞」(NPO法人日本翻訳家協会)を受賞いたしました。


NPO法人日本翻訳家協会 HP
http://www.japan-s-translators.org/sub5.html





〈カイロ三部作〉
ナギーブ・マフフーズ 著
塙治夫 訳
ノーベル文学賞作家ナギーフ・マフフーズの代表作。 舞台は世界遺産に登録されたカイロ旧市街。 中産階級の商人・アフマドの一家三代の大河小説。 個性的な人間群像と彼らの運命を生き生きと描く。


第1巻             第2巻            第3巻
9784336053770.jpg
9784336053794.jpg
9784336053787.jpg

張り出し窓の街           欲望の裏通り                夜明け
定価 5,250円           定価 5,040円                定価 4,725円
(本体価格5,000円)      (本体価格4,800円)          (本体価格4,500円)





【プロフィール】
ナギーブ・マフフーズ(1911年12月11日―2006年8月30日)
マフフーズはエジプトの文豪、1988年にアラブ人の作家として初めてノーベル文学賞の栄冠に輝く。カイロ旧市街に下級官吏の末子として生まれ、長じてカイロ大学哲学科に入学、卒業後官吏と作家の二足の草鞋を履いたが、定年後文学活動に専念し、94歳の高齢で世を去るまで、35冊の長編、19冊の短編集などを発表。その中で特に彼の文名を高めたのが、56、57年に発表された大河小説『カイロ三部作』で、一連の社会的リアリズム小説を完成させた大作。

塙 治夫(はなわ はるお、1931年 - )
外務省外交官を長く努め、現在はアラブ文学翻訳家。
茨城県生まれ。1952年外務省に勤務し、カイロでアラビアを学び、外交官としてアラブ諸国に赴任した。外交官時代にエジプトのノーベル文学賞作家ナギーブ・マフフーズ氏と知り合い、日本での翻訳を託された。退官後はアラブ文学を広めるため翻訳家として活動し、現在に至る。
 マフフーズ作品の主な訳本は、短編「狂気の独白」、長編「バイナル・カスライン」、短編「ナギーブ・マフフーズ短編集」、長編「シェヘラザードの憂愁」、長編「泥棒と犬」ほか。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月