1. トップページ > 
  2. 歴史・宗教・民俗 > 
  3. 評伝 > 
  4. グッバイ・クリストファー・ロビン

グッバイ・クリストファー・ロビン

グッバイ・クリストファー・ロビン

『クマのプーさん』の知られざる真実  

発売日 2018/08/23

判型 四六判   ISBN 978-4-336-06260-4

ページ数 336 頁   Cコード 0023

定価 2,916円 (本体価格2,700円)

内容紹介

『クマのプーさん』を創作したA・A・ミルンの伝記。
今なお時代や国を超えて愛される『クマのプーさん』の物語。しかし、その誕生の背景には、ある家族の喜びと葛藤の日々があった。
A・A・ミルンに不滅の名声をもたらしたのは4冊の子ども向けの詩集と読み物だった。しかし、物語の予想以上の成功は、劇作家としての名声を望むミルンにとっては不本意であり、家族の平和な日々を破壊し、物語のモデルとなったクリストファーを深い苦悩に追い込んだ。その影を知ることで、いっそう増す魔法の森の安らぎと光・・・・・・。
人間の幸福の真実を映し出す名著、待望の翻訳! 映画化作品。

著者紹介

アン・スウェイト

英国の著名な伝記作家。これまでに著わした5冊の伝記は、いずれも大きな文学賞や高い評価を受けている。とりわけ、本書原作の元となった『A.A.ミルン その生涯』は、ウィットブレッド文学賞の伝記部門年間最優秀賞受賞というたいへんな栄誉に輝いている。ほかに、絵本や子ども向けの文学作品も多数著している。日本との縁も深く、1955~57年の初来日以来、たびたび来日、東京女子大学ほかで教鞭をとってきた。
 王立文学協会会員、ロウハンプトン大学(国立児童文学研究センター)名誉会員。イースト・アングリア大学名誉博士、オックスフォード大学文学博士。夫で詩人のアントニー・スウェイト氏とともに、ノーフォーク州に在住。

山内玲子 (ヤマノウチレイコ)

津田塾大学卒業後、アメリカに留学。イギリスに9年間在住中、ケンブリッジ大学で日本語講師。帰国後、非常勤講師を経て翻訳家。主訳書に、ブリッグズ『妖精ディックのたたかい』、イェイツ/フィリップ編『妖精にさらわれた男の子--アイルランドの昔話』、キングマン『とびきりすてきなクリスマス』、バーネット『秘密の花園』、ラヴェラ『ダーウィン家の人々—-ケンブリッジの思い出』(以上、岩波書店)、ブリッグズ『イギリスの妖精--伝承と文学』(共訳、筑摩書房)、共著書に小池 滋ほか『イギリス』(新潮社)など。

田中美保子 (タナカミホコ)

東京生まれ。東京女子大学で教鞭をとりながら、英語圏のヤング・アダルト文学やファンタジー文学の研究や翻訳・紹介をしている。著書にAspects of the Translation and Reception of British Children's Fantasy Literature in Postwar Japan(音羽書房鶴見書店)、主訳書に、ベリー『月影の迷路』(国書刊行会)、ジンデル『アップルバウム先生にベゴニアの花を』(岩波書店)、共訳書にワトソンほか編『子どもはどのように絵本を読むのか』(柏書房)など。

目次

日本語版に寄せて 
序文 フランク・コットレル= ボイス 
はじめに 
この本を読む前に 
1 劇作家 
2 クリストファー・ロビンの誕生 
3 ぼくたちがとても小さかったころ 
4 プーの始まり 
5 クマのプーさん 
6 章の終わり
  終わりに 
著者アン・スウェイト(Ann Thwaite)について
主なA・A・ミルン(関連)の著作 

同じ著者・訳者の作品

月影の迷路

月影の迷路

リズ・ベリー
田中美保子

定価3,024円(税込)

長らく封じられていた庭が古(いにしえ)の笛の音とともにクレアに門を開くとき、謎の…


ページトップへ