1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. エッセイ・随筆 > 
  4. 新しい詩とその作り方
  1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 研究・評論 > 
  4. 新しい詩とその作り方
  1. トップページ > 
  2. 自然科学・医学・実用 > 
  3. 生活エッセイ > 
  4. 新しい詩とその作り方

アタラシイシトソノツクリカタ

新しい詩とその作り方

発売日 2018/03/16

判型 四六判   ISBN 978-4-336-06240-6

ページ数 296 頁   Cコード 0092

定価 4,104円 (本体価格3,800円)

内容紹介

力を創れ! 新しくなれ! 掘れ! そして汲め! 強いエッセンスを探れ!
著者は、世にあふれた「詩の作法」を書くことを嫌い、ありのままの自然や事物、事象をとらえ、魂の根源をみつめることが、新しい詩を書く力になると語る。萩原朔太郎、北原白秋、佐藤春夫、正岡子規、山村暮鳥、佐藤惣之助、日夏耿之介……ボードレール、ヴェルレーヌ、デーメル、モレアス、フォール、グールモン、ダンセニイ、メーテルリンク、レニエ、ツルゲーネフ、ソログープ、クラブント、イエーツ、ヴェルハーレン、バリモント、マリネッティ……。叙情詩、叙事詩……耽美派、象徴派、ロマン派、キュビスム、未来派……。あらゆる詩をのみ込み、伝統を破壊しながら、新たな詩を生み出そうとする著者の熱情がほとばしる。 序文 萩原朔太郎

著者紹介

室生犀星 (ムロウ サイセイ)

1889年(明治22)生まれ。本名照道。俳号は魚眠洞。1902年、金沢市立長町高等小学校中退。裁判所に給仕として勤めながら俳句、詩作を始める。抒情詩人として名をあげ、戦後は小説家として活躍した。1962年(昭和37)死去。代表作に詩集『愛の詩集』『抒情小曲集』、小説『幼年時代』『性に目覚める頃』『あにいもうと』『杏っ子』、評論『わが愛する詩人の伝記』など。

目次

序文 萩原朔太郎
1 詩は優しい春のような感情である(詩の本質、精神のこもった仕事)
2 詩は愛である(愛あるもの、街や郊外)
3 一つの林檎(林檎をどう詩に書くか、色や匂い)
4 陰影、容積、深み、線、動くものについて(作品の背景について)
5 新鮮なるものについて(新しい詩とは何か)
6 詩は自然の中に(正しいもの、自然のすべては詩の世界だ)
7 自由な詩、自由な口語(七五調について、口語詩の内容について、詩の自由について)
8 唱歌をうたう少女の心理について(歌詞の自由をとり入れよ、美しい少女らのピアノを喜ぶ詩のような心)
9 真と美とは詩の根本思想だ(その一)(詩によって挙げられる美について)
10 真と美とは詩の根本思想だ(その二)(真はいつわらない感情だ、詩は正直にかけ)
11 男性的な詩と女性的な詩(その一)(大地に根をもった詩、いつわらずに書かれた詩)
12 男性的な詩と女性的な詩(その二)(オーケストラのような詩、深大な詩)
13 詩と宗教について(詩は一つの心の宗教である,善い人間に善い詩が生まれる)
14 口語詩と文語詩との区別(日常語について、生きた言葉について)
15 リズムとは何か(リズムの根ざすところ、精神の音樂、音樂の中の言葉、ヴェルレーヌの詩)
16 詩を思う心(詩を思う心ほどよい精神はない、私が初めて詩をかいた少年の頃の思い出
17 詩のような物語(可憐な少女ポンタンのこと)
18 詩と生命感について(詩についての信条、未来への悩み)
19 詩と音楽の関係について(美を求める信仰のあらわれ、精神において詩と音楽の共鳴すること)
20 旅行と散歩と(旅を思うこと、原始生命に帰る心、伊香保紀そのほか)
21 ノオトより(愛の本体について、郊外生活の断片および自然の美についての断想)
22 抒情詩について(抒情詩と抒事詩の関係、デーメルおよびモレアスの詩、抒情小曲集から)
23 散文詩に就て(散文詩の主張、ツルゲーネフ、ダンセニイ、ボードレールの散文詩)
24 近代科学と詩と(建築、街路、飛行機、並木、文明の山、文明の野、マリネッティの詩など)
25 恋および愛の詩(人類の愛について、愛の詩の精神について、ハイネ、ミュッセ、ボール・フォール、グールモン、佐藤春夫、北原白秋、萩原朔太郎、室生犀星)
26 林の中にて(孤独感について、霊魂の運動について)
27 詩人と郷土との関係について(詩に現わされる郷土性)
28 美しい詩とその評釈(北原白秋、山村暮鳥、萩原朔太郎、佐藤惣之助、室生犀星、レニエ、ソログーブ、クラブント、メーテルリンク、サマン、ヴェルハーレン、パリモント、ニーチェ、ボードレール)
29 詩を多く読み書くこと
付録1 室生犀星の芸術とその人物について 萩原朔太郎
付録2 これは水だ、いい茶だ、魂のパンだ 北原白秋

同じ著者・訳者の作品

新編・日本幻想文学集成 第7巻

美貌の御息所と高徳の老僧の恋の物語「志賀寺上人の恋」。死後の霊との関わりを描く「…

室生犀星

全篇が金魚と老人の会話で構成されたシュルレアリスティックな傑作「蜜のあはれ」。ほ…


ページトップへ