1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. エッセイ・随筆 > 
  4. 遙かなるブラジル

ハルカナルブラジル

遙かなるブラジル

昭和移民日記抄  

発売日 2017/06

判型 四六判   ISBN 978-4-336-06159-1

ページ数 280 頁   Cコード 0095

定価 1,620円 (本体価格1,500円)

内容紹介

高度経済成長期に裸一貫でブラジル奥地に宝石鉱山を探すべく日本を飛び出した一人の男。彼の見たブラジル社会の驚くべき姿や、宝を求めてうごめく様々な人間模様を克明に綴った移民日記。

著者紹介

與島瑗得 (ヨジマミツノリ)

一九三六年、千葉県山武郡横芝町に生まれる。
一九五五年に千葉県立成東高校卒業、コチア産業組合にて一年間の農業研修を受け、一九五七年五月、ブラジルに渡航。
農業を手始めに宝石販売・輸出・採掘業などを手がける。
当地に定住し、以降一度も帰国せず。
一九九一年四月二十日、住居のあるミナス・ゼライス州テオフロ・オトニ市にて死去。享年五十四歳。

畑中雅子 (ハタナカマサコ)

同じ著者・訳者の作品

津波がくるぞ!

津波がくるぞ!

畑中雅子

定価1,296円(税込)

東日本大震災の津波は甚大な被害を出し、千葉県もその影響を受けたが、江戸時代の巨大…

新編 千葉の歴史夜話

新編 千葉の歴史夜話

畑中雅子

定価1,620円(税込)

千葉県各地の身近な歴史エピソードを語って好評を博した前著を増補改訂した新版。図版…


ページトップへ