1. トップページ > 
  2. 歴史・宗教・民俗 > 
  3. 北京をつくりなおす

ペキンヲツクリナオス

北京をつくりなおす

政治空間としての天安門広場  

発売日 2015/10/22

判型 A5判   ISBN 978-4-336-05949-9

ページ数 404 頁   Cコード 0022

定価 5,832円 (本体価格5,400円)

内容紹介

天安門、毛沢東、国慶節パレード、香港時計、前衛アート……1989年の事件以来、中国の最も有名な場所となった天安門広場―――天安門の持つ重大な象徴性とその変遷を、歴史・美術・建築・社会学・人類学等あらゆる方面から解析しつくした学際的名著。図版約200点収載。カラー多数。

著者紹介

ウー・ホン (ウーホン)

中野美代子 (ナカノミヨコ)

大谷通順 (オオタニミチヨリ)

1956年生れ。中国文学者。北海学園大学教授。

目次

第1章
天安門広場――その政治的な歴史

第2章
為政者の顔――天安門と毛沢東の肖像

第3章
人民のディスプレイ――祝日パレードとディスプレイ用建設

第4章
時のモニュメント性――鼓楼から「香港時計」まで

第5章
広場のアート――主題から場へ

同じ著者・訳者の作品

バーバリアン・レンズ

アヘン戦争時の英・仏連合軍の円明園焼き討ち事件……その廃墟と化した壮大なる西洋楼…


ページトップへ