1. トップページ > 
  2. 歴史・宗教・民俗 > 
  3. 西洋史・西洋思想 > 
  4. フランソワ一世

フランソワイッセイ

フランソワ一世

フランス・ルネサンスの王  

発売日 2014/12/19

判型 A5判   ISBN 978-4-336-05868-3

ページ数 540 頁   Cコード 0022

定価 6,480円 (本体価格6,000円)

内容紹介

著者紹介

ルネ・ゲルダン (ルネ・ゲルダン)

1912生。フランスの歴史家、伝記作家。ビザンチンやヴェネツィアの歴史を扱った著書、ルクレツィア・ボルジアやメアリー・スチュアートの伝記など多くの著作があり、1985年には劇作家のコルネイユを論じた"Corneille, ou, La vie méconnue du Shakespear français"(コルネイユ、フランスのシェークスピアの知られざる生涯)でアカデミー・フランセーズのビゲ賞を受賞。

辻谷泰志 (ツジヤヤスシ)

1949年生まれ。立教大学大学院文学研究科フランス語フランス文学専攻修士課程中途退学。
訳書:ルネ・ゲルダン『フランソワ一世』(国書刊行会)

目次

プロローグ 誕生から即位まで(一四九四―一五一五)
 第一章 少年時代
 第二章 宮廷へ
第一部 即位からカンブレーの和平まで(一五一五―一五二九)
 第三章 一五一五年のフランス
 第四章 統治の始まり
 第五章 マリニャーノの「太陽」
 第六章 巡幸
 第七章 政教協定
 第八章 フランソワかカールか
 第九章 カール五世との最初の戦い
 第十章 ロートレックの第二の遠征
 第十一章 ブルボン大元帥事件
 第十二章 軍隊の往還
 第十三章 パヴィア
 第十四章 俘囚の身
 第十五章 もう一人の俘囚
 第十六章 男たちの戦争と女たちの平和
第二部 カンブレーの和平から死まで(一五二九―一五四七)
 第十七章 フランソワ一世の宮廷
 第十八章 敗北の翌日
 第十九章 再び戦争へ
 第二十章 今もなおミラノ!
 第二十一章 侵入
 第二十二章 最期
付録

同じ著者・訳者の作品

闇夜にさまよう女

頭を銃撃されて記憶を失った女。夢に現れる殺し屋は実在か架空の人物か?記憶が戻った…


ページトップへ