1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 東欧・北欧文学 > 
  4. ボリバル侯爵
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. ボリバル侯爵

ボリバルコウシャク

ボリバル侯爵

発売日 2013/11/20

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-05760-0

ページ数 288 頁   Cコード 0097

定価 2,808円 (本体価格2,600円)

内容紹介

1812年、スペインに侵攻したナポレオン軍に対し、ラ・ビスバル市ではゲリラによる反攻計画が噂されていた。民衆から偶像的崇拝を受ける謎の人物ボリバル侯爵が、叛乱の口火を切る三つの合図をゲリラの首領に授けたことを察知した占領軍は、これを阻止しようとするが……。 『夜毎に石の橋の下で』のペルッツが、ナポレオン戦争中のスペインを舞台に、巧緻なプロットと驚異のストーリーテリングで読者を翻弄する。ボルヘスが絶賛した幻想歴史小説!

著者紹介

レオ・ペルッツ (レオ・ペルッツ)

1882-1957。プラハ生まれのユダヤ系作家。
18歳でウィーンに移住。コルテス時代の新大陸を舞台にした歴史小説『第三の魔弾』(1915、国書刊行会)で注目を集め、『ボリバル侯爵』(1920、国書刊行会)、『最後の審判の巨匠』(1923、晶文社)、『スウェーデンの騎士』(1936、国書刊行会)など、幻想的な歴史小説や冒険小説で全欧的な人気を博した。ナチス・ドイツがオーストリアを併合するとパレスティナへ亡命。戦後もルドルフ二世の魔術都市プラハを描いた傑作『夜毎に石の橋の下で』(1953)などを発表。近年、世界的な再評価が進んでいる。

垂野創一郎 (タルノソウイチロウ)

1958年、香川県生まれ。東京大学理学部卒。訳書にレオ・ペルッツ『最後の審判の巨匠』(晶文社)、『夜毎に石の橋の下で』『ボリバル侯爵』『スウェーデンの騎士』(国書刊行会)、バルドゥイン・グロラー『探偵ダゴベルトの功績と冒険』、アレクサンダー・レルネット=ホレーニア『両シチリア連隊』(東京創元社)など。

同じ著者・訳者の作品

ワルプルギスの夜

マイリンクは幻想文学の巧みなテロリストである。(J・L・ボルヘス) 全15…

聖ペテロの雪

聖ペテロの雪

レオ・ペルッツ
垂野創一郎

定価2,592円(税込)

ある小村に村医者として赴任したアムベルクは、亡父の旧友フォン・マルヒン男爵とその…

スウェーデンの騎士

軍を脱走し北方戦争を戦うスウェーデン王の許へ急ぐ青年貴族と、〈鶏攫い〉の異名をも…


>> もっと見る

ページトップへ