1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. エッセイ・随筆 > 
  4. 種村季弘傑作撰Ⅱ

タネムラスエヒロケッサクセンニ

種村季弘傑作撰Ⅱ

自在郷への退行  

発売日 2013/07/16

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05670-2

ページ数 322 頁   Cコード 0095

定価 2,700円 (本体価格2,500円)

内容紹介

神々の創造の秘密を盗みとり人工の怪物を造る―種村学の中核をなす名作『怪物の作り方』、自動人形論の白眉『少女人形フランシーヌ』、制服とぺてんの研究『ケペニックの大尉』、最晩年の透明な世界を示す談義録『江戸と怪談』等、全21編を収録。

著者紹介

種村季弘 (タネムラスエヒロ)

1933年~2004年。東京大学文学部独文科卒。國學院大學教授。著作集『種村季弘のネオ・ラビリントス』全8巻(河出書房新社)、訳書ホッケ『迷宮としての世界』美術出版社(共訳)、『怪奇・幻想・綺想文学集 種村季弘翻訳集成』(国書刊行会)などがある。

諏訪哲史 (スワテツシ)

1969年名古屋市生まれ。
國學院大学文学部哲学科卒業。恩師は独文学者の故種村季弘。
2007年小説「アサッテの人」で群像新人文学賞・芥川賞受賞。
著書に『アサッテの人』『りすん』『ロンバルディア遠景』
(すべて講談社刊)、『領土』(新潮社)ほか。

目次

怪物の作り方
少女人形フランシーヌ
覗く人
面白い小説のからくり
モナ・リザ泥棒
イマージュの解剖学
歯痛と吸血鬼との二、三の関係 または衰弱の快楽について
幻想、夢――理性 
二階の話  
手袋の裏  
白樺の家
機械学的退行
ケペニックの大尉
幻想・宙吊り・顕示
退行の快楽 
博物誌としての花鳥画 
あるサロンの博物誌家  
覗きからくりのトポス 
アスコーナ架空紀行
畸人列伝 
江戸と怪談

同じ著者・訳者の作品

新編日本幻想文学集成 第6巻

幻妖メルヘン集。ある日届いたふしぎな手紙「どんぐりと山猫」。金色の輪が導く死の世…

新編・日本幻想文学集成 第4巻

夢野久作、小栗虫太郎、岡本綺堂、泉鏡花を収録。語りの狂宴。

新編・日本幻想文学集成 第2巻

澁澤龍彦、吉田健一、花田清輝、幸田露伴の作品全46編を収録。小説なのかエッセイな…


>> もっと見る

ページトップへ