1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. エッセイ・随筆 > 
  4. 私の見た日本人

ワタシノミタニホンジン

私の見た日本人

発売日 2013/03/21

判型 A5判   ISBN 978-4-336-05626-9

ページ数 264 頁   Cコード 0098

定価 3,240円 (本体価格3,000円)

内容紹介

「とにかく私は日本の人びとが好きなのです」。バックが幼少に過ごした長崎から沖縄~北海道まで日本各地を訪れた体験やエピソード、友人との親交を基に日本を綴り、1966年にアメリカで出版された幻の随想集である。戦後の日本を活写した写真も多数収録。親日・知日家であるバック女史という「鏡」に映し出された一般的な日本人像がそこにあり、戦後をたくましく、元気に生きる日本人の原型を見聞することができる。

著者紹介

パール・バック

宣教師だった両親とともに生後まなく中国に渡り、以後前半生を中国で過ごすユニークなアメリカ人作家。大学教育は母国アメリカで受けるが、結局中国に戻って宣教師の妻となり一時南京大学で英文学を教える。1931年『大地』を発表し1932年にピュリッツアー賞を受賞。『大地』は『息子たち』、『分裂せる家』とともに三部作『大地の家』を成す。1938年にノーベル文学賞を受賞。1934年、戦禍を避けて住み慣れた中国を離れて母国アメリカに永住。1949年共産党革命のため中国に戻る機会を失った。アジア通であり終生「東洋文化と西洋文化の架け橋」役を務める。戦前、長崎近郊で暮らした(疎開)体験をもとにして戦後まもなく書かれた『大津波』という子供向け短編が1960年に日米共同で映画化された。

丸田浩

1967 年、東京大学薬学部卒業、1972 年同大学院で博士号を取得。以後米国政
府の医学研究所(NIH)、エール大学、およびドイツのマックス・プランク研究所
に勤務後、1988 年より2006 年3 月まで豪州にあるルードビッヒ国際癌研究所
の制癌剤開発部長。ドイツのハンブルグ大学付属病院に客員教授として勤務。
主な訳書『免疫学者バーネット』(学会出版センター、1995 年)、『パール・バッ
ク伝』上下巻(舞字社、2001 年)、『テンジン、エベレスト登頂とシェルパ英雄伝』
(晶文社、2003 年)、著作『癌との闘い』(共立出版、2001 年)など。

小林政子 (コバヤシマサコ)

1972年明治学院大学英文学科を中退し外務省入省。1973年〜1975年リスボン大学にて研修。主に本省では中近東アフリカ局、国連局原子力課に勤務。在外ではブラジル、カナダにて勤務。1998年外務省を退職して翻訳を志す。ユニ・カレッジにて日暮雅道氏、澤田博氏に師事。
訳書に、パール・バック『神の火を制御せよ―原爆をつくった人びと』(2007) 径書房、パール・バック『私の見た日本人』(2013)、スティーブン・R・バウン『壊血病』(2014)国書刊行会、などがある。

目次

私の見た日本人  パール・S・バック  

凡 例 

 はじめに  

 日本の輪郭 

 日本的特徴の形成 

 戦前の日本と戦後の日本 

 日本の変化と女性 

 家族制度 

 芸者 

 人情と躾 

 義理 

 コミュニケーション 

 宗教と偏見 

 祭り 

 娯楽 

 日本の固有性と諸問題 

 日本とアメリカ 

監修者解説  丸田 浩 

あとがき  小林政子  

同じ著者・訳者の作品

最後のヴァイキング――ローアル・アムンセンの生涯

人類初、南極点へ到達した男。20世紀初頭、不可能と思える行動力と強靱な精神力で、…

スーパーセル

魅惑的な写真で世界中の人気を博す2人のストームチェイサーがとらえた、荘厳でときに…

心臓  患者と医師、そして医療の進歩の35年にわたる物語

最強の副大統領と言われたチェイニー氏は5回の心臓発作を起こしていた。末期を迎えた…


>> もっと見る

ページトップへ