1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ラテンアメリカ文学 > 
  4. 野性の蜜

ヤセイノミツ

野性の蜜

キローガ短編集成  

発売日 2012/05/15

判型 A5判   ISBN 978-4-336-05505-7

ページ数 349 頁   Cコード 0097

定価 3,672円 (本体価格3,400円)

内容紹介

ラテンアメリカ随一の短編の名手、魔術的レアリスムの先駆者と評される鬼才キローガの傑作小説集。代表作『羽根まくら』をはじめ、幻想小説、恐怖小説、密林小説等々、ポオ、チェーホフ、キップリングの衣鉢を継ぐ、生と死、リアリティと幻影が渾然一体と化した、完璧精緻な短編30篇を収録。うち8割は本邦初訳。

著者紹介

オラシオ・キローガ (オラシオキローガ)

1878年生まれ。ウルグアイの小説家。学生時代から文学活動に従事し、一時パリに渡る。帰国後、ブエノス・アイレスに移住。アルゼンチンの詩人のレオポルド・ルゴーネスと親交を深める。アルゼンチン北部の熱帯地方にひかれ、密林地と首都を往復する生活を送った。1937年に自殺。短編作家として名高く、『愛と狂気と死の物語集』『密林の物語』『原始人』『故郷喪失者』『彼方』などの作品集がある。

甕由己夫 (モタイユキオ)

目次

舌          
ヤベビリの一夜    
羽根まくら       
エステファニア    
日射病         
鼠の狩人        
転  生         
頸を切られた雌鶏   
狂  犬         
野性の蜜       
ヴァンパイア     
入植者        
ヒプタルミックな染み
炎          
平手打ち       
愛のダイエット    
ヤシヤテレ      
ある人夫       
ヴァン・ホーテン   
恐  竜         
フアン・ダリエン   
死んだ男       
シルビナとモント   
幽  霊         
野性の若馬      
アナコンダの帰還   
故郷喪失者     
吸血鬼        
先駆者たち      
呼び声        
完璧な短編小説家の十戒
解 説

ページトップへ