1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 近代文学 > 
  4. 日本敵討ち異相

ニホンカタキウチイソウ

日本敵討ち異相

発売日 2008/09/24

判型    ISBN 978-4-336-05025-0

ページ数 332 頁   Cコード 0093

定価 2,052円 (本体価格1,900円)

内容紹介

執念の鬼と化した人間と人間との、壮絶なる葛藤絵図――美化されてきた〈敵討ち〉を史実にのっとって再構成し、冷徹な筆致で描いた著者晩年の代表作。
解説:池波正太郎・吉田健一

著者紹介

長谷川伸 (ハセガワシン)

1884年、横浜生まれ。小学校を中退し、土木請負業の現場小僧や鳶人足など職を転々として辛酸をなめる。二十歳の時に新聞社に入社、かたわら創作を開始。「沓掛時次郎」などいわゆる「股旅」ものや『日本捕虜志』『日本敵討ち異相』などの史伝物の傑作も多く執筆した。また「二六日会」「新鷹会」といった勉強会を開催し、大衆作家の育成に尽力した。

同じ著者・訳者の作品

股旅新八景

長谷川伸傑作選

股旅新八景

長谷川伸

定価2,160円(税込)

縞の合羽に三度笠、軒下三寸借り受けての仁義旅――渡世人の意地と哀歓を鮮やかに描く…

瞼の母

長谷川伸傑作選

瞼の母

長谷川伸

定価2,052円(税込)

〈こう上下の瞼を合せ、じいッと考えてりゃあ、逢わねえ昔のおッかさんの俤が出てくる…


ページトップへ