1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 近世文学 > 
  4. 白縫譚
  1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 白縫譚

シラヌイモノガタリ

白縫譚

発売日 2006/05/01

判型 菊判   ISBN 978-4-336-04766-3

Cコード 0093

定価 95,040円 (本体価格88,000円)

カタログダウンロード

内容紹介

群雄割拠する戦国時代の九州を舞台に、謀計に斃れた豊後国臼杵城主大友宗隣の遺児として、変幻自在の妖術を操り、御家再興と九州平定を誓う、美貌の妖賊・若菜姫の活躍を壮大なスケールで描いた、全90編にも及ぶ合巻中の最大にして最高の傑作伝奇長篇。泉鏡花によって「江戸児の張と意気地」を体現した女性像が賞賛され、江戸川乱歩が原本を愛蔵していた事でも知られる、幻の幕末のベストセラー小説。原本の挿絵も全て収録。

著者紹介

高田衛 (タカダマモル)

1930年生まれ。早稲田大学大学院修士課程、東京都立大学大学院博士課程修了。東京都立大学名誉教授。専攻、日本近世文学。著書に、『女と蛇』(筑摩書房)、『新編 江戸の悪霊祓い師』、『新編 江戸幻想文学誌』、『完本 八犬伝の世界』(以上ちくま学芸文庫)、『お岩と伊右衛門 「四谷怪談」の深層』(洋泉社)、『春雨物語論』(岩波書店)、編・校訂書に、『江戸怪談集』(上・中・下、岩波文庫)などがある。

佐藤至子 (サトウユキコ)

1972年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。博士(文学)。現在、日本大学文理学部教授。専攻、日本近世文学。著書に、『江戸の絵入小説 合巻の世界』(ぺりかん社)、『山東京伝』(ミネルヴァ書房)などがある。

同じ著者・訳者の作品

児雷也豪傑譚

児雷也豪傑譚

高田衛 監修
服部仁佐藤至子 編・校訂

定価62,640円(税込)

謀反により滅亡した肥後の豪族尾形氏の遺児・周馬弘行は、蝦蟇の精霊から妖術を伝授さ…

定本 上田秋成研究序説

定本 上田秋成研究序説

高田衛

定価12,960円(税込)

昭和43年にごく少部数が刊行されたきり、長らく入手困難であった、近世文学の泰斗・…

妖術使いの物語

妖術使いの物語

佐藤至子

定価2,592円(税込)

読本、合巻、歌舞伎、浄瑠璃、マンガなど様々なジャンルに登場する、妖しくも魅力的な…


>> もっと見る

ページトップへ