1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. アジア文学 > 
  4. 古都

コト

古都

発売日 2000/06/28

判型 四六判   ISBN 978-4-336-04133-3

ページ数 324 頁   

定価 2,592円 (本体価格2,400円)

内容紹介

学生時代の親友に京都まで呼び出された女性が、異国の古都を歩き回るうちに青春を過ごした昔日の台北へと回帰していく。川端の名作を元に京都と台北が結びつき、そこに映される心の遍歴を描いた魂の物語。

著者紹介

朱天心 (シュテンシン)

1958年、台湾鳳山に生まれる。台湾大学歴史系卒。父・朱西寧は作家、母・劉慕沙は翻訳家、姉・朱天文は作家という文学一家の一員。侯孝賢映画の脚本家としても知られる。

清水賢一郎 (シミズケンイチロウ)

1967年、神奈川県生まれ。東京大学大学院博士課程修了。現在、北海道大学大学院准教授。訳書に、張愛玲他『浪漫都市物語』(共訳、宝島社)、夏暁虹『纏足をほどいた女たち』(共訳、朝日新聞社)、『楊逵全集』(共編訳、台北・国立文化資産保存研究中心)などがある。

ページトップへ