1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. フランス文学 > 
  4. 1900年のプリンス

センキュウヒャクネンノプリンス

1900年のプリンス

伯爵ロベール・ド・モンテスキュー伝  

発売日 1996/03/30

判型 四六判   ISBN 978-4-336-03815-9

ページ数 464 頁   

定価 3,565円 (本体価格3,301円)

内容紹介

『さかしま』のデゼサントと『失われた時を求めて』のシャルリュス男爵のモデル、耽美主義者モンテスキュー伯爵。世紀末ヨーロッパ芸術界・社交界に君臨した貴族詩人の評伝。「モンテスキュー詩抄」併録。

著者紹介

フィリップ・ジュリアン (フィリップ・ジュリアン)

1921年~1977年。フランス・ボルドーに生まれ、画家、また美術評論家として19世紀末文芸・芸術研究に優れた業績を残す。

志村信英 (シムラノブユキ)

1948年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。著書に『ランボーと暁』(東海大学出版会)、訳書にサマン『青き眼の半獣神』(森開社)、ラフォルグ『ステファーヌ』(森開社)などがある。

同じ著者・訳者の作品

碧玉の杖

典雅な作風で永井荷風に鍾愛された詩人レニエの、バロック趣味をたたえた処女散文集。…


ページトップへ