1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. アーサー・マッケン  

アーサー・マッケン  

アーサー・マッケン  

輝く金字塔  

発売日 1990/06/17

判型 A5変型判   ISBN 978-4-336-03041-2

ページ数 173 頁   

定価 1,888円 (本体価格1,748円)

内容紹介

英文学のなかでもっともデカダン的といわれるマッケンが、聖性と邪性の彼方に繰広げるあやかしの世界。〈サバトの酒〉と呼ばれる薬を服用したため、醜悪な姿に変身する青年の話(「白い粉薬のはなし」)他。

著者紹介

アーサー・マッケン (アーサーマッケン)

1863-1947。イギリスの小説家。怪奇小説家として有名。主な作品に「パンの大神」「三人の詐欺師」がある。

南條竹則 (ナンジョウタケノリ)

1958年生れ。作家、翻訳家。主要著訳書――『酒仙』(新潮社)、『虚空の華』(筑摩書房)、A・マッケン『輝く金字塔』(国書刊行会)。

同じ著者・訳者の作品

完訳・エリア随筆Ⅳ

古今東西におけるエッセー文学の最高峰、ラムの「エリア随筆」新訳が、待望の完結なる…

完訳・エリア随筆Ⅲ

古今東西におけるエッセー文学の最高峰。第3巻は、定年サラリーマンの悲哀を綴った名…

完訳・エリア随筆Ⅱ

古今東西におけるエッセー文学の最高峰、ラムの「エリア随筆」待望の新訳。望みうる最…


>> もっと見る

ページトップへ