国書刊行会

買物カゴを見る

書籍詳細

セイシンカイノエクソシズム

精神科医の悪魔祓い

デーモンと闘いつづけた医学者の手記

リチャード・ギャラガー
松田和也

発売日
2021/09/21
判型
四六判
ISBN
978-4-336-07248-1
ページ数
352頁

定価 3,080円(本体価格2,800円)

※在庫あり

オンライン書店で購入する

  • amazon.co.jp
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • e-hon
  • Honya Club

店頭在庫を確認する

内容紹介

◆奴らは、いる――。「悪魔憑依」に挑む異色のアメリカ人医師が、25年に及ぶ体験を赤裸々に綴った衝撃のドキュメント。

◆著者のギャラガー博士は一流大学で研鑽を積んだアメリカの精神科医・精神医学者だが、1990年代から、「悪魔憑き」「憑依」と呼ばれる症例に多く接するようになり、医学的観点から〝悪魔憑依〟について診断・研究するようになった。さらにはキリスト教カトリック公認の「祓魔師(エクソシスト)」からもしばしば助力を乞われ、〝悪魔祓い〟の現場に幾度も立ち合い、その現実を目の当たりにしてきた。
 本書はそんな特異な経歴と実績をもつ精神科医がこれまでの「症例」について詳細にレポートし、かつ深い分析を加えたもので、原著の刊行は2020年。関係者のあいだでは待望されていた1冊である。
 科学的・医学的世界と悪魔祓いの世界という2つの対極的世界を長年にわたって歩んできたギャラガー博士によれば、悪魔憑依の症例は、本人がそう思い込んでいるだけ、つまり何らかの精神疾患や精神病に起因するものが圧倒的に多い。しかし、明らかにこれにはあてはまらないケースも確実に存在する。祓魔式の最中に30分間も空中浮揚した女性、憑依状態になると全く知らないはずの複数の言語をわめいて暴れ回る女性、憑依に陥ると体重200ポンドの男性を軽々と投げ飛ばす小柄な女性、消息を絶った真正の悪魔崇拝者……。
 このような数多くの瞠目すべき例を紹介しながら、著者は、科学的知見を超越した「悪霊」「悪魔」の存在が疑いえないことを、明らかにしてゆく。
 現代アメリカにおける悪魔憑依現象の実態について、豊富な実体験にもとづいて冷静に分析してみせた本書は、現代社会がサイキックな問題であふれかえっていることを雄弁に物語っている。

◆本書はリチャード・ギャラガー著『悪魔なる仇敵――憑依、悪魔の攻撃、および超自然を探究した精神科医としての我が25年』(Richard Gallagher, MD: Demonic Foes: My Twenty-Five Years As A Psychiatrist Investigating Possessions, Diabolic Attacks, And The Paranormal, HarperOne, New York, 2020)の全訳です。

著者紹介

リチャード・ギャラガー (リチャードギャラガー)

アメリカの精神科医。プリンストン大学卒業。ニューヨーク医科大学臨床精神科教授、コロンビア大学精神分析研究所教授会員、国際祓魔師協会会員。1990年代から「悪魔憑き」「憑依」の症例にたびたび遭遇。医師・医学者としてその診断・治療に携わり、またこの問題に取り組むカトリック司祭、ラビなどの宗教的聖職者や祓魔師(エクソシスト)の相談役を務める。「憑依」の診断・研究に関する精神医学分野におけるエキスパートにして第一人者。

松田和也 (マツダカズヤ)

翻訳家。スティーブン・ネイフ他『ファン・ゴッホの生涯』、マグナス・ヘイスティングス『WHY DRAG?』(以上国書刊行会)、ジュリア・ブラックバーン『黒の画家 フランシスコ・ゴヤ』、W. W. Y. ウォング『ゴッホ・オンデマンド』(以上青土社)、バート・D. アーマン『書き換えられた聖書』(ちくま学芸文庫)等、翻訳書多数。

目次

◆イントロダクション
◆第1部 懐疑者から観察者へ
   第1章 最初の旅 興味を抱いた学生
   第2章 司祭来る 外的苛虐の観察
   第3章 ジュリア、サタンの女王 その憑依と、驚くべき能力
◆第2部 研究者にして診断医
   第4章 霊による障害 憑依のスペクトラム診断
   第5章 苛虐の種類の診断
   第6章 心の問題 虚偽の事例およびその他の医学的課題
   第7章 キャサリン――母親、主婦、被憑依者 彼女が受けた一連の祓魔式と、儀礼の実際
   第8章 真剣な研究者
   第9章 悪霊信仰の歴史、超常現象および侵襲という観念の出現
   第10章 アリス 悪魔祓いの成功事例と、原因と解決に関する追記
◆第3部 相談役にして研究者――医師による擁護と警告
   第11章 バーバラと見当違いの悪魔への恐怖
   第12章 最後の論争 悪魔祓いの濫用、および批判者、研究者、メディアに対する、憑依およびいわゆる超常現象の科学的情勢に関する最後の覚え書き
◆エピローグ これらの現象の背後にある真実 何故悪魔は攻撃するのか