国書刊行会

買物カゴを見る

書籍詳細

ホワイ ドラァグ?

WHY DRAG?

マグナス・ヘイスティングス 写真
ボーイ・ジョージ 序文
エスムラルダ 解説

発売日
2020/02/21
判型
B5変型判
ISBN
978-4-336-06598-8
ページ数
228頁

定価 2,640円(本体価格2,400円)

※在庫あり

オンライン書店で購入する

  • amazon.co.jp
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • e-hon
  • Honya Club

店頭在庫を確認する

内容紹介

写真:マグナス・ヘイスティングス
序文:ボーイ・ジョージ
解説:エスムラルダ

水原希子さん推薦!
「ドラァグ・スーパースターが大集結している写真集!これを見れば今世界で活躍しているドラァグ・クイーンのすべてが分かる。それぞれの人生や魅力が凝縮されている、素晴らしい一冊!」
   
めくるめくドラァグ・クイーンの世界へようこそ――今をときめくドラァグ・クイーン総勢135名のゴージャスなオールカラー写真集&インタビュー集。
写真とともに、「なぜドラァグやるの?(=Why drag ?)」という問いに対する、クイーン全員の回答を掲載。
Netflixの人気番組「ル・ポールのドラァグ・レース」出場クイーンの写真も多数。
また、巻末には日本版オリジナルの解説『ドラァグ・クイーン。それは美しく気高い、「自分」という国の主』を収録。
すべてのドラァグファンとファッショニスタに捧ぐ1冊。


★公式Twitterはじめました!最新情報をアップしています。また、本書に関する疑問や質問などございましたら、お気軽にリプライ、DM等でお問い合わせください。フォローはこちら↓からどうぞ★





著者紹介

マグナス・ヘイスティングス (マグナスヘイスティングス)

英国出身の写真家。
2000年頃から映画スターやドラァグスター、ポップスター、ポルノスターなど、様々なスターの写真の撮影を始め、GG、Glamour、US・Weekly、Cosmopolitan等の雑誌に紹介される。また、UKで何度か個展を開催し、2014年にはドラァグ・クイーンのポートレイトをニューヨークで展示、大成功を収める。これを契機として「Why Drag?」の旅を始める。現在、Queen誌のフォトディレクター。

ボーイ・ジョージ (ボーイジョージ)

1980年代のニューロマンティック運動を牽引し、グラミー賞・ブリット賞を受賞した英国のポップ・バンドCULTURE CLUBのリードヴォーカル。ソウルフルな歌声と両性具有的な外見で知られる。2004年には自伝を元にしたミュージカル「タブー」でトニー賞4部門にノミネートされた。

エスムラルダ (エスムラルダ)

1972年生まれ。94年よりドラァグ・クイーンとしての活動を始め、各種イベント、メディア、講演会等に出演。2002年、東京都の「ヘブンアーティスト」ライセンスを取得。
ライター・脚本家としても活動しており、2012年、本名で応募した作品が「第12回 テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞」の優秀賞を受賞。2017年には東宝ミュージカル『プリシラ(宮本亜門 演出)』の翻訳を担当。また、2018年にはドラァグ・クイーン・ディーヴァ・ユニット「八方不美人」を結成、歌手としてもデビューした。
主な著書に『同性パートナーシップ証明、はじまりました。』(ポット出版、共著)がある。

目次

Introduction(By.マグナス・ヘイスティングス)
序文(By.ボーイ・ジョージ)
アドレ・デラノ
マデリン・ハッター
ナオミ・スモールズ
ビアンカ・デル・リオ
コートニー・アクト
エピファニー・ゲット・ペイド
エイプリル・キャリオン
ルビー・ルー
ミスティ・ミーナー
モカ・ライト
ニナ・ウェスト
アラスカ・サンダーファック
メイヘム・ミラー
マニラ・ルゾン
ボブ・ザ・ドラァグ・クイーン
ジャッキー・ビート
レディ・バニー
カサンドラ・ムーア
ミスティ・ヴァイオレット
ケイク・モス
モネー・X・チェインジ
メリッサ・ビフィアス
タラ・ミソ・ライス
ペパーミント
シェリー・ヴァイン
チ・チ・ラルー
ドゥルセ・デ・レチェ
ダスティ・O
ロンドン・アドゥール
ソージー・ソー
ミルク
スキム
タミー・ブラウン
スヴェトラーナ・ストーリ
デルタ・ワーク
シャロン・ニードルズ
ミス・フェイム
ラジャ
マスー・アンダーソン
ジェイソン・ウィンバリー
キザ・カー
パール
ジョニー・ロキット
ジェム・ジェホヴァー
ポーセリン
リッジ・ギャラガー
ブーレット・ブラザーズ
ライアン・バーク
サル-E
ジョジョ・ベイビー
リア・リトレ
サポジトリ・スペリング
アルージア
アイヴィ・ウィンターズ
シスター・フローラ・グッドザイム
シスター・ティリー・カムズ・アゲイン
シスター・メアリ・ティモシー・シンプリシティ
シスター・フィリス・ウィゼ=リタデイ
シスター・ローマ
グレイス・タワーズ
グラマモア
ジュアニタ・モア!
マーサ・T・リプトン
スカーレット・レターズ
ピーチズ・クライスト
ヘクリナ
リル’ミス・ホット・メス
ジミー・スプリンクルズ
ファティマ・ルード
レディ・ベア
ル・ガトー・ショコラ
マザ・チャッカ
ポルシェ・ピンク
ラヤ・ライト
アボミナトリクス
ヴァイオレット・チャチキ
ブリジット・ビデ
ハイディ・グリュム
アナオル
ペイジ・ターナー
トリクシー・マテル
レクシ・トーマス
カリーム・マクジャガー
エリザベス・ジェイムズ
ディトックス
ヴィッキー・ヴォックス
ウィラム・ベリ
ショクラ
アンナ・レクシア
TPローズ
ユファ・ハマサキ
シッシー・スパスティク
ジョディ・ハーシュ
マ・ブッチャー
ジョニー・ウー
ジョン・シズル
メス
ダリアン・レイク
ジンクス・モンスーン
ディグナ・シェイ
エイジア・パースエイジア
リー・ポリタン
カラ・スシア
キムチチ・シャムラン・カー
ジグリー・カリエンテ・ブルックス
MS.チェン
ジャカルタ・ジェム・ジャヤ
メイ・ロダ=ブライド
ウィルヘルミナ・キャヴィア
ラッキー・マディソン
マハリア・ナキタ
ティア・ワナ
アニャ・ナッツ
クレイソン・セント・ジェイムズ
ビンクス・マル
マー・ジョング
ロキシー・ブルックス
ブルック・リン・ハイツ
ケネディ・ダヴェンポート
ジェンナ・スカイイ
カレクシス・ダヴェンポート
ジンジャー・ミンジ
ファラ・モーン
シンシア・リー・フォンテーヌ
セロトニン
ココ・デ’ ボール
エレイン・ランカスター
キャスリン・ネヴェッツ
プース・クートゥア
メリ・マジック
マタイナ・アハ=ヴィ=ジュス
ヴァニティ・フェア
謝辞
解説:ドラァグ・クイーン。それは美しく気高い、「自分」という国の主(By.エスムラルダ)