国書刊行会

買物カゴを見る

書籍詳細

ウィザード 

ウィザード Ⅰ

ジーン・ウルフ
安野玲

発売日
2015/12/22
判型
四六変型判
ISBN
978-4-336-05956-7
ページ数
470頁

定価 2,640円(本体価格2,400円)

※在庫あり

オンライン書店で購入する

  • amazon.co.jp
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • e-hon
  • Honya Club

店頭在庫を確認する

内容紹介

ドラゴンとの激闘の末、サー・エイブルがスカイからもどってきた! 主君との誓いどおり峠の守りに立った彼の前に、三人の謎の騎士があらわれる。一方、エイブルの従者トゥッグは、セリドン王アーンソールの命により巨人族の王ギリングとの和平交渉のため、北方ヨツンランドへ向かう男爵ビエル一行に仕えて大活躍する。王に対峙する勇敢なる黒猫マーニ、暗躍するエルフ乙女のウリとバキ。やがて何者かによってギリング王の命が狙われ、風雲急を告げるウートガルド城――エイブルは天翔る馬クラウドにまたがり颯爽と城を目指す! 巨匠ウルフによる本格的ファンタジー大作〈ウィザード・ナイト〉第2部『ウィザード』開幕。

著者紹介

ジーン・ウルフ (ジーンウルフ)

1931年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。兵役に従事後、ヒューストン大学の機械工学科を卒業。1972年から「Plant Engineering」誌の編集に携わり、1984年にフルタイムの作家業に専心するまで勤務。1965年、短篇「The Dead Man」でデビュー。以後、「デス博士の島その他の物語」(1970)「アメリカの七夜」(1978)などの傑作中短篇を次々と発表、70年代最重要・最高のSF作家として活躍する。その華麗な文体、完璧に構築され尽くした物語構成は定評がある。80年代に入り〈新しい太陽の書〉シリーズ(全5部作)を発表、80年代において最も重要なSFファンタジイと賞される。現在まで20冊を越える長篇・10冊以上の短篇集を刊行している。

安野玲 (アンノレイ)

1963年生まれ。英米文学翻訳家。訳書にリーヴ〈移動都市〉シリーズ、ボライソー『夏の夜のわるい夢』(以上東京創元社)、共訳書にヘンダースン『ページをめくれば』、リー『悪魔の薔薇』、ダンセイニ『最後の夢の物語』(以上河出書房新社)、キング『夜がはじまるとき』(文藝春秋)などがある