キキカイカイメイカイジテン

奇奇怪怪明解事典

TaiTan(Dos Monos)/玉置周啓(MONO NO AWARE) 著

発売日 2022/02/15

判型 四六判   ISBN 978-4-336-07260-3

ページ数 544 頁   Cコード 0076

定価 4,180円 (本体価格3,800円)

【内容紹介】

Spotify独占配信・チャート最高順位1位
大人気ポッドキャスト、待望の書籍化!

日常を薄く支配する怪奇現象、カルチャーと現代社会の森羅万象から、人間世界を織りなす言葉そのものへ!
TaiTan(Dos Monos)と玉置周啓(MONO NO AWARE)がゆく、あてどなくはてしない対話の旅。
(解説・上出遼平)


◆各氏推薦コメント

二人の軌跡は蛇行し、螺旋を描き、どこへもたどり着く気配がない。しかして、その歩みが知を耕す。
私は二人の会話を生涯聴いていたい。
上出遼平(テレビディレクター・プロデューサー)

私もこんな相棒がほしい。心をキラキラ輝かせたまま大人になった二人の、小さな秘密基地を覗いているような気分になった。
賑やかでためになる、タダモノではない大事典だ。
塩塚モエカ(羊文学)

帯なんてつけてんじゃねえ。良著に帯は付かん。この本に帯はいらんのだ。
そもそも本ではない。
小原綾斗(Tempalay)


◆本書概要
2021年3月の JAPAN PODCAST AWARDS 2020 Spotify NEXT クリエイター賞の受賞を皮切りに、同年5月にはオーディオストリーミングサービス Spotify での独占配信が発表され、Spotify Podcastチャートで最高順位第1位をマーク、2021年12月現在の合計再生時間・合計再生回数は前年比999%増をたたき出すなど、近年のポッドキャストブームを代表する大人気番組となった「奇奇怪怪明解事典」が待望の書籍化!
日本のヒップホップシーンを牽引する グループDos Monos のメンバーTaiTan と、近年目覚ましい活動を展開するバンド MONO NO AWARE のフロントマン玉置周啓が多様なコンテンツと社会現象について語りのめす、アクチュアルな社会批評集にしてカルチャー全般への最良のガイドブック=ブックガイド。

【著者紹介】

TaiTan(Dos Monos) (タイタン)

Dos Monosのラッパーとして2018年にアメリカのレーベル・Deathbomb Arcと契約。これまでに『Dos City』『Dos Siki』『LARDERELLO』の3枚のアルバムをリリース。ポッドキャスターとしては、Spotify独占配信中のPodcast番組『奇奇怪怪明解事典』にて、JAPAN PODCAST AWARDSの「Spotify NEXT クリエイター賞」を授賞。またクリエイティブディレクターとしても¥0のマガジン『magazine ii』や、テレ東停波帯ジャック作品『蓋』などを手がけた。

玉置周啓(MONO NO AWARE) (タマオキシュウケイ)

MONO NO AWAREとMIZのギターボーカルとして作詞作曲を手がける。サブカルチャーマガジン『EYESCREAM』にて読書感想文をweb連載するなど文筆業を行いながら、お絵かき、ポッドキャスターなど幅広く活動。『奇奇怪怪明解事典』のMCを務める。