ジンロウヴァグナー

人狼ヴァグナー

ジョージ・W・M・レノルズ 著
夏来健次 訳

発売日 2021/07/16

判型 A5判   ISBN 978-4-336-07109-5

ページ数 648 頁   Cコード 0097

定価 5,280円 (本体価格4,800円)

【内容紹介】

◆荒俣宏氏
「1ペニー恐怖文庫(ドレッドフル)」?!──近年、これが英語圏で大復活している。19世紀に大流行した娯楽小説群は、一般市民に読書という新趣味を広げる原動力となった。日本でいうなら、まさしく、山東京伝の黄表紙・曲亭馬琴の合巻にあたる。怪奇も残虐も色恋も陰謀も、同時代に生きた作者でないと書けない生々しさで、よみがえる。そしてついに、その代表作が、日本語で読める日が来た!

◆1516年、ドイツ〈黒き森〉。嵐が吹きすさび、あたり一面を異様な轟音が覆いつくす漆黒の夜、老醜の境にあるヴァグナーは見知らぬ人物の訪問を受け、奇怪なる契約を交わす。それは、若さと美貌、富と不死の命を手に入れる代価として狼に変身する運命を背負うというものであった。それからおよそ5年後、フィレンツェでも指折りに大きな城館の、贅を尽くした家具調度の揃う一室で、リヴェロラ伯爵アンドレアは死の牀にあった。父に寄り添う二人の姉弟ニシダ姫とフランシスコに伯爵は、自らとリヴェロラ家にかかわる秘密を明らかにしてくれるものが収められているという秘密の衣裳室の鑰を渡し、フランシスコが婚姻を果たすその日に扉をあけるよう遺言を残して息絶える。父の死を看取り二人はそれぞれの寝所に戻るが、ほどなくして、艶やかな黒い瞳に不吉とも言える異様な光を宿らせたニシダ姫は、フランシスコの部屋に忍びこんで鑰を盗みだし、秘密の衣裳室へ歩を進めていく。数日後、伯爵の葬儀が執り行なわれ、そこに若さを取り戻したヴァグナーの姿があった――交錯する愛憎と怨恨、野望と戦乱、フィレンツェ、コンスタンチノープル、エーゲ海のロードス島、さらには地中海のいずことも知れぬ孤島を舞台に繰り広げられる、ゴシック・ロマンスの後裔ともいうべき波瀾万丈の物語がここに開幕!

【著者紹介】

ジョージ・W・M・レノルズ (ジョージ・W・M・レノルズ)

1814年イギリスのケント州サンドウィッチ生、1879年没。ヴィクトリア朝期の大衆小説家・雑誌編集者・社会運動家。若年時フランスにわたり、帰国後ロンドンで安価な通俗小説(ペニー・ドレッドフル)の人気作家となった。主著The Mysteries of London, The Mysteries of the Court of London, Faust: A Romance of the Secret Tribunals, Wagner,the Wehr-Wolf(本書)他。

夏来健次 (ナツキケンジ)

1954年新潟県生。英米小説翻訳者。主訳書ジョエル・タウンズリー・ロジャーズ『赤い右手』(国書刊行会)、ロバート・ルイス・スティーヴンスン『ジキル博士とハイド氏』(創元推理文庫)、荒俣宏編『怪奇文学大山脈』(共訳/東京創元社)、ウィリアム・ホープ・ホジスン『幽霊海賊』(アトリエサード)、ライアン・ギャティス『血まみれ鉄拳ハイスクール』(文藝春秋)、ウォルター・S・マスターマン『誤配書簡』(扶桑社)他。