バクダンマ

爆弾魔

続・新アラビア夜話  

R・L・スティーヴンソン/ファニー・スティーヴンソン 著
南條竹則 訳

発売日 2021/04/20

判型 四六判   ISBN 978-4-336-07203-0

ページ数 320 頁   Cコード 0097

定価 2,970円 (本体価格2,700円)

【内容紹介】

『宝島』『ジキル博士とハイド氏』で名高い、英国の文豪スティーヴンソンの知られざる傑作小説。
恐怖の爆弾テロリストたちの暗躍を物語の経糸にして、黄昏の世紀末ロンドン、合衆国の荒野、はたまたカリブ海の小島を舞台に繰り広げられる、怪奇で波瀾万丈な奇談の数々。ドイルやマッケンにも大きな影響を与えた連作小説、本邦初訳なる!!

【著者紹介】

R・L・スティーヴンソン (ロバート・ルイス・スティーヴンソン)

1850-1894年。エディンバラ生まれ。『宝島』、『ジキル博士とハイド氏』、『新アラビア夜話』などの名作で知られるイギリスの文豪。晩年は病と闘いながら南太平洋を歴訪、サモアに移住し、同地で没した。

ファニー・スティーヴンソン (ファニースティーヴンソン)

R・L・スティーヴンソンの妻。

南條竹則 (ナンジョウタケノリ)

1958年生れ。作家、翻訳家。主要著訳書――『酒仙』(新潮社)、『虚空の華』(筑摩書房)、A・マッケン『輝く金字塔』(国書刊行会)。