ゲンキョウヨコオタダノリ1 ア・ヴィジュアル・ストーリー

GENKYO横尾忠則Ⅰ A Visual Story

原郷から幻境へ、そして現況は?  

横尾忠則 画

発売日 2021/01/18

判型 AB変型判   ISBN 978-4-336-07100-2

ページ数 160 頁   Cコード 0071

定価 2,420円 (本体価格2,200円)

【内容紹介】

世界を魅了し続けるアート界のレジェンド、横尾忠則の80年におよぶ創造の軌跡を一冊に凝縮!

1960年代のグラフィック作品、いわゆる「画家宣言」後の1980年代以降に手掛けた多彩なスタイル・技法・テーマによる絵画作品、そして2000年代の代表作「Y字路」シリーズから最新作まで、「作品による自伝」をテーマに、横尾の芸術の展開と生涯のエピソードをたどりながら、その全貌を明らかにする展覧会「GENKYO横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?」公式カタログ。

【著者紹介】

横尾忠則 (ヨコオタダノリ)

美術家。1936年兵庫県生まれ。72年にニューヨーク近代美術館で個展。その後もパリ、ヴェネツィア、サンパウロなど各国のビエンナーレに出品し世界的に活躍する。アムステルダムのステデリック美術館、パリのカルティエ財団現代美術館での個展など海外での発表が多く国際的に高い評価を得ている。2000年以降も東京都現代美術館、金沢21世紀美術館、国立国際美術館など国内の美術館で相次いで個展を開催。95年に毎日芸術賞、01年に紫綬褒章、06年に日本文化デザイン大賞、08年に小説集『ぶるうらんど』で第36回泉鏡花文学賞、11年に旭日小綬章、同年度朝日賞、14年に山名賞、15年に第27回高松宮殿下記念世界文化賞など、受賞・受章多数。2012年、神戸に横尾忠則現代美術館開館。2013年、香川県豊島に「豊島横尾館」開館。