現代語訳 最澄全集

ゲンダイゴヤク サイチョウゼンシュウ

現代語訳 最澄全集  第一巻

入唐開宗篇  

大竹晋 訳

発売日 2021/05

判型 A5判   ISBN 978-4-336-07069-2

ページ数 631 頁   Cコード 3015

定価 8,800円 (本体価格8,000円)

シリーズ: 現代語訳 最澄全集 (ゲンダイゴヤク サイチョウゼンシュウ)
伝教大師千二百年大遠忌を記念して、全巻同時刊行。おおむね真作と裏づけられる最澄の著作を、各篇ごとに執筆年代順に収録する、本邦初の現代語訳全集。

【内容紹介】

 本巻には、
 ・『顕戒論縁起』など入唐開宗の経緯を示す諸著作、
 ・『授菩薩戒儀』『顕戒論』など大乗戒の確立をめざす諸著作、
 ・『法華経』の開経たる『無量義経』の註釈『註無量義経』、
を執筆年順に収める。
 伝教大師が築かれた、円・密・禅・戒を統合する日本天台宗の原点がここにある。

【著者紹介】

大竹晋 (オオタケススム)

1974年、岐阜県生まれ。筑波大学卒業。博士(文学)。
現在、仏典翻訳家。

【著書】『宗祖に訊く』『大乗起信論成立問題の研究』『大乗非仏説をこえて』『セルフ授戒で仏教徒』(以上、国書刊行会)、『唯識説を中心とした初期華厳教学の研究』『元魏漢訳ヴァスバンドゥ釈経論群の研究』(以上、大蔵出版)、『「悟り体験」を読む』(新潮選書)など。
【訳書】『十地経論Ⅰ・Ⅱ』『大宝積経論』『能断金剛般若波羅蜜多経論釈 他』『法華経論・無量寿経論 他』(以上、『新国訳大蔵経』大蔵出版)など。