真理のことばの物語集:ダンマパダ・アッタヴァンナナー 4

シンリノコトバノモノガタリシュウ

真理のことばの物語集  第四巻

ダンマパダ・アッタヴァンナナー  

松村淳子 訳

発売日 2021/10

判型 A5判   ISBN 978-4-336-07076-0

ページ数 437 頁   Cコード 3015

定価 7,150円 (本体価格6,500円)

シリーズ: 真理のことばの物語集:ダンマパダ・アッタヴァンナナー (シンリノコトバノモノガタリシュウ ダンマパダ・アッタヴァンナナー)
初期仏教最古の詩篇のひとつとされ、古来広く伝承されてきた『ダンマパダ(真理のことば)』。 そのパーリ語註釈書に説かれる、これらの詩句にまつわる物語を原典から全訳。 珠玉の筆致で語られる、時にウィットに富み時に心が洗われる物語の数々を、ご堪能あれ!

【内容紹介】

『ダンマパダ』第19章から第26章までの由来を物語る全112話

初期仏教最古の詩篇のひとつとされ、古来広く伝承されてきた『ダンマパダ(真理のことば)』。
そのパーリ語註釈書に説かれる、これらの詩句にまつわる物語を原典から全訳!

 ・ブッダがヴェーサーリー市に赴き、『ラタナ経』を説いて疫病から救った物語
 ・還俗したくなっていたところ、前世に母であった夜叉女に憑りつかれたサーヌ沙弥
 ・自分の学識に慢心して地獄に落ち、口から悪臭を放つ金色の魚となったカピラ
 ・「宝石の嵌め込まれた大きな金の器の中で、ご飯は生じるのだ」と言い張るアヌルッダ少年の前世とは
など、珠玉の筆致で語られる、時にウィットに富み時に心が洗われる物語の数々を、ご堪能あれ!

【著者紹介】

松村淳子 (マツムラジュンコ)

1953年、静岡県静岡市生まれ。
東京大学文学部卒、同大学院人文科学研究科修士課程修了。
オーストラリア国立大学アジア学研究科修士課程修了。
ドイツ・ゲッティンゲン大学インド学仏教学専攻博士課程修了(Ph.D.)。
神戸国際大学教授、国際仏教大学大学院大学教授を経て、現在、東洋大学大学院非常勤講師。
著書に、The Rasavāhinī of Vedeha Thera(東方出版、1992)、訳書に『増支部経典第四巻 原始仏典III』(服部育郎氏と共訳、東京:春秋社、2018)などがある。